神奈川区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

区内在住小清水さん 学生日本一を目指す ミス・ユニバーシティへ

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
日本大会を前に意気込む小清水さん
日本大会を前に意気込む小清水さん

 「2022ベスト・オブ・ミス神奈川大会」が3月に開催され、区内在住の小清水伶奈さん(20)が「ミス・ユニバーシティ」の神奈川代表に選ばれた。今秋に予定している日本大会で、頂点の座を目指している。

 ベスト・オブ・ミスは、各地区で「ミス・ユニバース・ジャパン」「レディ・ユニバース・ジャパン」「ミス・ユニバーシティ」の出場者を決める地方選考会。

 今年の神奈川大会では200人弱の応募の中から、ファイナリスト14人が選出された。水着やドレスでのウォーキング、ダンス、スピーチなどの審査を経て3部門で3人が県代表となった。各部門で選ばれた代表者は、それぞれの日本大会に進出する。

 その中でも小清水さんが出場するミス・ユニバーシティは、大学生と専門学生を対象とした日本唯一の全国版コンテスト。次世代のリーダーを発掘して活躍の場を広げてもらおうと3年前から始まり、今回は約20の地域で実施されている。

自分の色を出せるように

 小清水さんは捜真小学校、捜真女学校中学部・高等学部出身で、現在は東洋英和女学院大学に通う。5歳からフラダンスを習い続けるが、コロナ禍により大会の中止が相次いだ。そこで「新たに挑戦し、自分に自信を持ちたい」と大学生の間にできることを探していた。小さい頃からミス・ユニバースのようなコンテストに憧れがあったこともあり、母に相談したところ「やってみたら」との後押しがあり、出場を決意した。

 今回の神奈川大会へ向けては、ウォーキングなどのレッスンで技術面を磨くとともに、自己PRなどの準備で自分自身の内面を見つめ直してきた。大会関係者からは「課題に対して向き合い、ひたむきに努力ができる点」や「芯の強さを感じるような雰囲気や表情が素晴らしい」と評価されている。

 各地区の代表と肩を並べる日本大会を前に、小清水さんは「自分のできることをやって、私なりの色を出していきたい。努力を積み重ねて、将来に生かせる経験にできたら」と意気込んだ。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

体験通じ、障がい理解

体験通じ、障がい理解 社会

有志団体が福祉職員らに

6月23日号

ヤミ市場 3年ぶりに

六角橋商店街

ヤミ市場 3年ぶりに 社会

規模縮小し、再開

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

アートでSDGsを表現

青木小6年生

アートでSDGsを表現 教育

学びを作品に昇華

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook