神奈川区版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

県と3政令市 特別自治市 主張は平行線 「行政サービス」で意見対立

政治

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena
懇談会に参加した(正面から時計回りに)山中市長、黒岩知事、本村市長、福田市長
懇談会に参加した(正面から時計回りに)山中市長、黒岩知事、本村市長、福田市長

 県と政令市の二重行政の解消や権限、財源の移譲などを目的に市が県から「独立」する「特別自治市」構想をめぐり、県と県内3政令市の対立が鮮明になっている。5月6日に県知事と3政令市長の懇談会が開かれたが、「住民にメリットが多い」と主張する政令市側と「県内全体の行政サービスが低下する」という県側の主張は平行線をたどった。

権限・財源を移譲

 「特別自治市」は、県が担う市域の河川管理や崖地の対応などの事務を全て市に移し、二重行政を解消させ、行政サービスの向上を図るもの。同時に市行政の仕事量に見合う地方税の配分を求める。実現には地方自治法などの法改正が必要。

 懇談会は県と政令市の役割分担をテーマに横浜市役所で行われた。3政令市を代表し、川崎市の福田紀彦市長が特別自治市の必要性を説明。「住民ニーズが複雑、多様化する中、地域特性に合わせた自治制度を再構築することが必要」と訴え、高齢化、人口減少が進む大都市にとって、制度改革は急務だとした。

 これに対し、黒岩祐治知事は二重行政について、図書館や公営住宅を例に「法令に基づく役割分担や住民ニーズに応じるもの」と非効率との指摘は当たらないとした。さらに、特別自治市によって税源が移譲されると、県税が減少し、政令市以外の行政サービスが低下すると主張。「住民目線から見て、法制度化は妥当ではない」と政令市側の意見を否定した。

 進行役の横浜市の山中竹春市長は「4首長が顔を合わせて議論する有意義な時間だった」と話した。4首長は今後も「住民目線」を第一に、行政運営や自治体のあり方について協議の場を設けることは合意した。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6

神大生に演劇届ける

神大生に演劇届ける 文化

かなっくホールが出張授業

6月23日号

横浜18区キャラが勢揃い

横浜18区キャラが勢揃い 文化

東戸塚でパネル展

6月23日号

ふぐの処理・調理技術競う

ふぐの処理・調理技術競う 社会

つま正会場に国内初開催

6月23日号

未就学児が歯科健診

未就学児が歯科健診 社会

区役所で3年ぶりに

6月23日号

ランチと落語を

ランチと落語を 文化

7月2日、馬車道のホテル

6月23日号

日本対仏をライブ観戦

ラグビー男子

日本対仏をライブ観戦 スポーツ

7月2日 中区会場で

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook