神奈川区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

アート教育団体「EduArt(エデュアート)」の代表を務める 望月 実音子さん 区内在住 42歳

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena

アートでより良い社会を

 ○…世界で起きている環境や人種問題などについてアートを通して考えてほしいと、子どもに向け啓発活動を行う団体「EduArt」を今年4月に設立。5月末に青木小で初授業を実施した。「アートには”正解”がなく、言葉にするのが苦手でも表現ができる。柔軟な視点や発想を伸ばしながら、小さな頃から社会問題にも取り組むきっかけになれば」と意気込みを話す。

 ○…商社勤めの父の転勤で、生まれてすぐに渡米。5歳で日本に戻るが、日本語が上手く話せず周囲に溶け込めなかった。そこで心の支えとなったのがアートだった。「ずっと絵を描くか物を創っているような子でした。あまり勉強はできなかったけど」と笑う。中学2年生ではオランダに移り、高校3年の時には香港に。その後アメリカの美大に進学し、そのままアパレルデザイナーとなり、20年近くを海外で過ごした。「外国人といるうちに、自分を表現する上でためらうことはなくなりましたね」

 ○…米国人と結婚し、出産を機に2012年に帰国。保育参観で美術作品を見本通りに作る園児たちを見て、「このままでは子どもの表現や感覚の幅が狭まってしまう」と危機感を覚えた。協調性が求められる日本でも自由に表現ができる場を作ろうと、6年前に他のアート団体を創設。更に多くの子どもへアートを届けるべく、今春に新団体を立ち上げた。

 ○…「SDGsが立ち向かう問題には、正解があるわけではない。そこで柔軟な視点や発想が養われるアートによる教育は、今の時代に効果的」と力強く語る。「またアートは常に社会を映しながら、常識を覆す役割を果たすと思う。未来を明るくするためにも活動を広げたりアーティストを巻き込んでいきたい」

神奈川区版の人物風土記最新6

清水 純也さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

清水 純也さん

泉区在住 46歳

8月18日号

加山 勢津子さん

てんこもりのわの代表で、ヨコハマ市民まち普請事業の最終審査に向け準備を進める

加山 勢津子さん

松見町在住 59歳

8月4日号

箱崎 蒼太さん

ラクロス男子の21歳以下日本代表に選出された

箱崎 蒼太さん

神奈川大学4年 21歳

7月28日号

石井 幸子さん

資源循環局神奈川事務所の所長を務める

石井 幸子さん

千若町在勤 47歳

7月21日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

保土ケ谷区在住 62歳

7月14日号

田中 英資さん

神奈川大学生としてかながわユースフォーラムの学生代表を務める

田中 英資さん

六角橋在学 22歳

7月7日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook