神奈川区版 掲載号:2022年7月7日号 エリアトップへ

横浜市 ウクライナ支援を継続 6月補正予算 新規事業も

社会

掲載号:2022年7月7日号

  • LINE
  • hatena
避難民同士が交流できるウクライナ交流カフェ
避難民同士が交流できるウクライナ交流カフェ

 横浜市はウクライナ支援を継続するため、6月補正で予算を計上した。行政と民間などが連携し一時滞在施設や市営住宅、家具・家電の提供など行う「オール横浜支援パッケージ」を通年で実施するほか、新たに姉妹都市からの青少年受け入れ事業を盛り込んだ。

 今年2月に突如として始まったロシアのウクライナ侵攻。横浜市では3月に避難民支援相談窓口と対策チームを設置、4月には独自の支援パッケージを開始するなど、取組みを強化してきた。

 今回補正予算はこれらを継続するもので、1億5300万円を計上。具体的にはホテルの一時滞在施設宿泊費用や、市営住宅入居時の家具・家電整備費、交流スペースの運営費など助成する。新規事業として、市の姉妹都市・オデーサ市から過去に交流した柔道チームの小〜高校生約20人を、7月中下旬から約1カ月ほど受け入れる予定だ。

 併せて現地支援事業にも着手。侵攻で水道施設の機能停止リスクがあるオデーサ市に対し、今後約10万人分の飲料水が確保できる移動式浄水装置20台などを供与する。

 6月25日時点でウクライナ避難民は44組76人。補正予算でも計上した避難民にホスピタリティを提供するウクライナ交流カフェ=西区・横浜国際協力センター内に設置=には4月の開所以来、常時5〜6人が来場する。7月1日の七夕がテーマの日本語ワークショップには14人が参加。19歳の避難民女性は「1カ月前から週に2、3回は来て日本語の勉強をしている。日本にこのような場所があるとは思わなかった。ウクライナ語も飛び交っていて、すごくいい」と話す。施設担当者は「肌感覚でも必要性を感じている。一過性のものではなく、継続的な支援も大事」と語る。

大学で避難民受け入れ

 市内では独自に支援する動きも広まっている。フェリス女学院大学=泉・中区=は教育理念の「他者のために」が実践できるとして、6月に2人の避難民学生の受け入れを発表。担当者は「機動力のある手厚い支援をしていきたい」と話す。

 また、市が4月から6月までに行った募金は1千234万7752円が集まった。避難民の生活支援などに充てられる。

神奈川区版のトップニュース最新6

ダンス・バンドの祭典 再び

B-SKYFES

ダンス・バンドの祭典 再び 文化

神奈川公会堂で3年ぶり

8月18日号

シェアサイクル、市全域に

シェアサイクル、市全域に 社会

横浜市が実証実験

8月18日号

「大切な人にひまわりを」

社会福祉法人孝楽会

「大切な人にひまわりを」 社会

菅田地区で贈呈企画

8月11日号

4年ぶり 反町公園で

区民まつり

4年ぶり 反町公園で 社会

感染対策施し、規模は縮小

8月11日号

多世代交流住宅を横浜に

多世代交流住宅を横浜に 社会

泉町でCH(コレクティブハウス)作りに動き

8月4日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook