宮前区版 掲載号:2011年2月25日号
  • googleplus
  • LINE

10周年を迎えた宮前区区民活動支援コーナー運営委員会 会長 中原 亨さん 有馬在住 69歳

宮前の魅力伝える人の輪

 ○…平成12年6月に区役所内に設立され、昨年10周年を迎えた区民活動支援コーナー運営委員会の会長。今月、その記念誌「みやまえ市民活動のなかま」を発行した。ストレートなタイトルには「区内で活動する団体同士がお互いの活動を理解すること。そしてたくさんの区民に、活躍出来る場がこんなにもあるんだと知ってもらえたら」という思いが込められている。記念誌には区民活動を行っている80団体の情報を収録。「川崎7区の中でナンバーワンの支援コーナー」を目指す。

 ○…ボーイスカウト川崎地区49団の団長を務めていた時、知人に「地域で活躍する団体やグループを支援する区民の組織ができる。一緒にやらないか」と声をかけられたことがきっかけで区活動支援コーナーの立ち上げに参加した。当初の登録は43団体。ルールづくりから始め「1つのものを皆で完成させる」という、ボーイスカウトで学んだ信念で組織をけん引した。7年前から会長を歴任。そのポリシーは「まず自分が率先してみせる」。大きな背中にメンバーの信頼も厚い。

 ○…満州生まれ。終戦後、鹿児島に渡り、学生時代を過ごした。高校3年間は寮生活を経験。毎朝6時に起床、勉強時間や遊び時間も徹底して管理された「とても厳しかった。でも仲間と力を合わせる大切さや集団生活の重要性を学んだ」。その後材木の加工会社や半導体の製造会社などに勤めた。どの仕事も共通していたのが検査。「コツコツする地味なことがあっていたのかな」。真面目に一つひとつ仕事をこなす姿勢は今も変わらない。

 ○…「ボランティアが趣味のようなもの」とニコリ。地元有馬町内会6丁目の支部長やまちづくり協議会などの地域活動に尽力している。「宮前は緑豊かで人がやさしいまち」。頭の中はこの魅力を多くの区民に伝えることでいっぱい。そのためにも「人の輪を楽しみながら広めたい」と笑う。
 

宮前区版の人物風土記最新6件

浪口 修さん

宮崎台のさくら祭りプロレスの仕掛け人でフリーのプロレスラー

浪口 修さん

3月16日号

山田 美和さん

第9回みやまえC級グルメコンテストでグランプリに輝いた

山田 美和さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク