宮前区版 掲載号:2011年4月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

頭痛は病気 「軽く見ずに診断を受けましょう」 取材協力/さぎぬま脳神経クリニック

 日本人の4割が「頭痛」に悩み、日常生活に支障が出ていても市販薬を飲んでやり過ごす人も多いという。頭痛の診断を行う『さぎぬま脳神経クリニック』の島崎賢仁院長は「頭痛は大きな病のサインかもしれません」と注意を促す。

 動くと痛くなったり、脈打つような痛みが出るのは「片頭痛」。片頭痛は文字通り頭の片側が痛くなるケースが多いという。発症の引き金は疲れや空腹、睡眠不足、気圧の影響など様々。一方「緊張型頭痛」は、しめつけられるような痛み。ストレスや筋肉の疲れによって起こる症状で長時間パソコンを使う人にも出やすい症状だ。頭痛で相談に来た殆どの人はこれら「慢性頭痛」だという。一方、命に関わる頭痛もあるので見逃せない。後頭部を殴られたような強い痛みは「くも膜下出血」の症状。朝、頭が痛くて目覚める場合は「脳腫瘍」の可能性がある。

 頭痛診断は、問診・血圧・身体測定・血液検査などの他、脳の病気が疑われる場合はMRIやCTで脳の画像検査も行う。島崎院長は「気になる症状は放置せずに、出来るだけ早く診断を」と話す。
 

さぎぬま脳神経クリニック

川崎市宮前区鷺沼3-2-6さぎぬまメディカルモール2 1階

TEL:044-860-5131

http://www.noushinkei.com

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

3月も「関連・朝市」が充実

市北部市場関連組合

3月も「関連・朝市」が充実

3月16日号

家事のお願い上手になろう

家事仕事のマッチング

家事のお願い上手になろう

3月16日号

気軽に立ち寄る憩いの場

ふらっとカフェ「オプティ」 3月24日

気軽に立ち寄る憩いの場

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

健康づくりで注目の2教室

スポーツ吹き矢、ダンススポーツ 宮山スポーツプラザ

健康づくりで注目の2教室

3月9日号

小児矯正、早く始めれば抜歯は避けられる?

『知っておきたい矯正治療のポイント』 シリーズ2

小児矯正、早く始めれば抜歯は避けられる?

3月9日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク