宮前区版 掲載号:2011年5月27日号
  • googleplus
  • LINE

宮崎台公務員住宅 避難入居者向けにサロン 支援情報の提供ほか“心のケア”にも一役

入居者の憩いの場にもなっている「ひまわりサロン」
入居者の憩いの場にもなっている「ひまわりサロン」

 東日本大震災の被災者や福島第1原発の避難者ら30世帯余りが入居する宮崎台公務員宿舎で、支援のためのサロンが開設された。昼間は地域の民生委員らが詰め、情報弱者のお年寄りらの憩いの場にもなっている。

 同団地には現在、県の2次募集に応募した福島県や宮城県からの避難家族35世帯が入居する。家賃や敷金は免除されているが、生活に必要な服や家電、日用品、家具などは入居者が揃えなければならない。こうした世帯を支援しようと、今月1日に開設されたのが「ひまわりサロン」だ。

 区内の子育てサークルや地区社協、宮前区の民生委員児童委員協議会らが実行委員会を組織してボランティアで運営。平日の昼間は民生委員らが2人ずつ詰め、入居者に行政の支援情報や地域情報、先月23日に実施したフリーマーケットで集まった服や日用品も提供する。

 呼びかけの1人で、子育てサポートほっぷ代表の福岡好恵さんは「物品は一段落し、今は情報提供が中心」と話す。多くが高齢者や子育て世帯で、自治体など公的な支援情報を探すのも困難な状況。市内で暮らす息子夫婦の勧めで福島県楢葉町から夫婦で避難してきた新妻司子さん(78歳)も、感謝の言葉を口にする。「サロンのおかげで本当に癒されます」。原発の危険区域にあり、震災で屋根瓦が落ちたままの家を残して避難生活を続ける。1カ月で避難所や親類宅など6カ所を転々として、ようやくここにたどり着いた。「自分たちにはあまり見せないが、ほとんどの人が複数回の移転を強いられ、精神的にも大きなストレスを抱えているはず」と福岡さん。

 サロンは6月まで継続が決まっており、その後も継続していく方針。今後実行委員会では、食事会や地域の散策など、入居者を元気づけられる支援も考えているようだ。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

多世代の「繋がり」創出を提案

第6期区民会議

多世代の「繋がり」創出を提案

3月16日号

「人種差別条例に刑事罰を」

市民団体

「人種差別条例に刑事罰を」

3月9日号

春の全国大会連覇狙う

川崎北高ダンス部

春の全国大会連覇狙う

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

76歳、「真の鉄人」へ

平在住堀内さん

76歳、「真の鉄人」へ

3月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク