宮前区版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

稗原小父の会 4年目の親子キャンプ 防災・水難救助訓練盛り込み240人が参加

クイズ形式で楽しみながら防災を学んだ参加者
クイズ形式で楽しみながら防災を学んだ参加者

 稗原小で16、17日の2日間、同小父の会パワーズ(永田一博代表)主催の「ひえばらキャンプ2011」が開かれた。”オヤジ”たちは「4年目を迎え、地域のイベントとして定着してきた」と手ごたえを感じている。

 今年で4年目となった今回のキャンプ。親子で楽しい夏の思い出を作ってもらおうと2008年から始まり、今年は児童と保護者240人が参加。うち130人が宿泊した。

 今年のテーマは「楽しみながら防災しやがれ!」。3月11日に発生した東日本大震災を教訓に、防災クイズやプールを使った水難救助訓練も盛り込まれた。プールでは「おぼれた友達を助けよう」をテーマに、ペットボトルなど浮くものを投げて助ける訓練などが行われた。ほかにもスイカ割りや種飛ばし、縁日、炊き出し、きも試しなど、趣向をこらしたイベントが数多く実施された。夕食は、とん汁、おにぎり、焼きそば。朝食は牛乳パックでホットドッグ作りに挑戦。就寝は地域の避難所にもなっている体育館で、参加した児童からは「1日でも体育館で寝るのはつらい。避難所で生活している被災者の気持ちが分かった」といった感想が聞かれていた。

 同キャンプは、主催する稗原父の会パワーズ、通称”おやじの会”のほか教師やPTA,同小後援会、地域の自治会が共催、協力する。パワーズの弦巻達也さんは「参加者は1年目に比べて2・5倍。毎年楽しみにしてくれている子どもも増え、イベントとして定着してきた」と、手ごたえを口にする。また、教師や各団体との信頼関係の強まりも成果だという。「あれもこれもと毎回内容が盛りだくさんになってしまい、結局自分たちが大変になってしまうが、子どもたちが喜んでくれると、”やってよかった”と思う」と弦巻さん。パワーズのメンバーは現在45人。「キャンプのほかにも色々なイベントを通じ、お父さん同士が知り合い、集まってくれることは稗原小にとっても心強いはず。より良い学校をめざし、今後も積極的に活動していきたい」としている。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

多世代の「繋がり」創出を提案

第6期区民会議

多世代の「繋がり」創出を提案

3月16日号

「人種差別条例に刑事罰を」

市民団体

「人種差別条例に刑事罰を」

3月9日号

春の全国大会連覇狙う

川崎北高ダンス部

春の全国大会連覇狙う

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

76歳、「真の鉄人」へ

平在住堀内さん

76歳、「真の鉄人」へ

3月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク