宮前区版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

宮前ガバナンス10月号 連載寄稿 ごみ処理場再編 市民協力あってこそ 川崎市議会議員 石田やすひろ

 川崎市はごみの焼却施設を、現在の4処理センター体制から3処理センター体制にする方針を明らかにした。その理由の1つとして、これまでにごみの分別収集を推進してきた結果、排出量が減っている点にある。

 焼却量は、平成15年度の50万トンから平成22年度では41万トンまで減っている。当然、焼却施設もごみの排出量に併せて、再編する必要が出てきているのだ。

  先日の環境委員会で示された「今後のごみ焼却処理施設の整備方針」では、平成27年度から3処理体制を開始するとしている。橘処理センターを建替え、停止中は堤根、王禅寺、浮島の3処理センター体制で処理を行う。ただし年間ごみ焼却量を3つの施設で焼却可能な37万トン以下とすることが条件になる。整備方針によると20年後以降については、将来的に改めて検証を行うとしている。

  この再編の効果は、1サイクル40年で720億円の経費縮減額を達成する。CO2削減効果は年間3万6300トンになる。人員は60名程度の削減が可能だと説明した。行財政改革の視点からみれば、市民総ぐるみの成果といっていい。

  ごみの処理量が減れば、施設のダウンサイジングが可能となる。当然、財政効果と併せ、環境負荷の低減にもつながる。市民によるごみ再資源化への取組みが、行政のスリム化を加速させる。チャレンジ3R(リユース・リディユース・リサクル)の徹底を今一度確認し、ごみをなるべく排出しない社会を目指したい。
 

川崎市市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク