宮前区版 掲載号:2011年11月11日号
  • googleplus
  • LINE

有馬・東有馬地区コミュニティバス 2回目の運行実験へ 採算性確保めざし、ダイヤなど見直し

 有馬・東有馬地区と宮前平駅、宮前区役所を結ぶコミュニティバスの運行実験が来年1月頃から1ヵ月の予定で準備が進められている。同地区での実験は2009年に続き2回目。本運行をめざし、採算性と住民ニーズの把握という課題をクリアできるか注目される。

 同地区におけるコミュニティバス導入の取り組みは、地域住民や商店会、宮前区まちづくり協議会交通専門部会メンバー、市議らで組織される「有馬・東有馬地区コミュニティバス導入協議会」と川崎市が2004年から行なっている。2009年3月の実験時には、区役所-宮前平駅-有馬・東有馬地区の循環ルートを30分間隔で運行。平日の平均利用者数316人、1便あたり16人の利用があったが「採算がとれない」ことで再検討が行なわれていた。

 今回の運行実験では、市がダイヤの見直しや人件費の削減を提案。実施案によると、事業会社は市バスと東急バスが担い、始発を午前7時台に繰り上げて利用客の増加を見込む一方で、車両を1台に、運行間隔は前回の30分から60分にして経費を削減。さらに、65歳以上のOB運転手を活用して人件費も抑えるという。

 市ではこの運行実験を来年1月頃の実施予定で現在調整している。住民からは「交通空白に、今後は高齢化が加わる。もし採算がとれない場合でも”地域の足”として運行してほしい」と、本運行を期待する声も聞かれる。

 川崎市では2000年度から市内のコミュニティ交通の取り組みを支援。区内でも同地区のほか白幡台地区(2004年)、野川南台地区(2006年)で運行実験が行なわれ、野川南台では団地自治会主体による会員制コミュニティバス「みらい」が2008年から運行。今年9月には麻生区高石地区でも緑ナンバーによる乗り合いバス「山ゆり号」がスタートしている。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

多世代の「繋がり」創出を提案

第6期区民会議

多世代の「繋がり」創出を提案

3月16日号

「人種差別条例に刑事罰を」

市民団体

「人種差別条例に刑事罰を」

3月9日号

春の全国大会連覇狙う

川崎北高ダンス部

春の全国大会連覇狙う

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

76歳、「真の鉄人」へ

平在住堀内さん

76歳、「真の鉄人」へ

3月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク