宮前区版 掲載号:2012年1月13日号

(PR)

新春レポート

「お子さんの歯並びが気になる方へ」

取材協力/くらしま矯正歯科

子どもの矯正は6〜7歳から

 きれいな歯並びで健やかな1年に-。そう話すのは区内宮崎の「くらしま矯正歯科」倉島茂樹院長。日本矯正歯科学会認定医として、これまで2000症例以上を扱った院長に歯列矯正の重要性を聞いた。

 「顔つきや顎の成長のコントロールは、成長期の子どもしかできない矯正治療で、悪い噛みあわせを放置しておくと実は将来たくさんのリスクを抱え込むことになります」と話し、虫歯予防や記憶力向上、コンプレックスを取り除くことによる健やかな精神発育を促すなどのメリットを説明する。矯正時期は”乳歯と永久歯が両方ある時期”で「概ね6〜7歳ごろから」とのこと。成人に比べ治療期間や費用も安く済むこともメリットの1つという。

大人の矯正のメリットは?

 子どもの頃というイメージがある歯列矯正だが、最近は年齢関係なく治療できるようになった。「就職活動前の学生やOL、サラリーマンなど新たなビジネスチャンスを目指す方や、歯並びが原因によって頭痛や肩こりといった体の不調につながることもあり、成人の来院が増えている」と院長。歯列矯正に特化している同院では、裏側矯正による「見えない矯正」やできるだけ歯を抜かない非抜歯矯正をめざしている。

 矯正治療は長期にわたるものだが、初診時に期間や総額費用を明示したり、土日診療があるなど無理なく通える配慮もある。「子どもの歯並びに不安に感じる方、長年歯並びに悩んでいる方は、一度専門医に相談を」と呼びかける。
 

くらしま矯正歯科

〒216−0033
川崎市宮前区宮崎5−14−1

TEL:044-856-1900

http://www.ha-happy.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

「肉の日フェスタ」28日に

市北部市場関連組合

「肉の日フェスタ」28日に

1月20日号

宮前区民リフォーム無料相談

1月22日(日)

宮前区民リフォーム無料相談

1月20日号

楽しく学ぶ子どもの発達支援

こぱんはうすさくら

楽しく学ぶ子どもの発達支援

1月20日号

大好評、水中運動と貯筋運動の体験会

2017年は「健康」が目標 Do KAWASAKIレポート【8】

大好評、水中運動と貯筋運動の体験会

1月13日号

「補聴器は調整が命です」

ハンセン病知る講演会

らい予防法廃止から20年 川崎市人権学校

ハンセン病知る講演会

1月13日号

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク