宮前区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿 民間マンションにおける耐震化促進を! 川崎市議会議員 石田やすひろ

 東日本大震災以降、地震に対する備えの意識が高まっている。耐震強化が必要な建物は、命を守る視点から、早急に改修を図るべきである。そこで、行政による民間マンションなどに対する耐震支援は、本当に十分なのだろうか。

  宮前区の世帯数は9万2005世帯。その内6万2113世帯(67・5%)がマンションなどに住んでいる。この中で助成対象となる物件だけをとっても146棟(平成16年分譲マンション実態調査調べ)に及ぶ。

 市では「民間マンション耐震対策事業」を進めてきた。一定の条件を満たした建物では「予備診断」が無料で受けられ、耐震改修が必要な場合は費用の一部を助成している。

 予算規模では、平成23年度当初予算合計で、4980万を計上した。しかし、予算執行の実績は49棟の利用で当初見込みの8分の1の約605万円だった。課題は、耐震対策の必要性が判明しても、費用負担が高額で次へのステップを躊躇する人が多い点だ。

  耐震診断と改修を促進させるための制度は国でも行っている。リフォームの減税制度により、所得税の控除や固定資産税の減額も適用できる。また、「復興支援・住宅エコポイント」で、ポイントも加算できる。

  川崎市の耐震対策事業費は、十分な予算が確保されていた。しかし、市民による活用実績からみると、十分に活かされていないことが分かる。そこで、市と国の制度を複合的に活用することで、改修に要する費用負担の軽減を図りたい。まずは、市に設置された相談窓口で相談してほしい。
 

川崎市市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク