宮前区版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

宮前兄妹曲名は「ラッキーフラワー」 テーマソングが完成 歌詞に区の魅力ちりばめ

宮前兄妹とテーマソングを歌うユニット「PLECOと凛」
宮前兄妹とテーマソングを歌うユニット「PLECOと凛」

 区誕生30周年記念キャラ「宮前兄妹」のテーマソングがこのほど完成した。曲名は「ラッキーフラワー」。区内在住の小学4年生・凛さんも加わった期間限定ユニット「PLECOと凛」が宮前の魅力をちりばめた歌詞と幅広い年代に親しみやすいメロディで歌う。

 このテーマソングは30周年協賛事業として、レコード会社(株)テイチクエンタテインメントの全面協力により実現した。9月15日からitunesやレコチョクなどインターネット配信により販売が始まっている。歌うのは、楽曲を提供した4人組のアコースティックギターバンド「PLECO」と区内在住の小学4年生「凛」さんによる期間限定ユニット。凛さんは、NHKEテレの子ども向け番組の主題歌などの作品にも参加している。歌詞には区のキャッチフレーズ「人が好き、緑が好き、まちが好き」をはじめ、宮前の街をイメージするキーワードが散りばめられている。

 区内在住で今回の協賛事業を手がけた(株)テイチクエンタテインメント、クロス・マーケティング室の江里口慎一さんは「小さい子どもからお年寄りまで耳なじみの良い声とメロディ、歌詞も難しくないので様々な場面で一緒に歌ってもらえる曲。宮前区に住んでいるたくさんの人に愛される曲になっていってほしい」と話している。

 30周年記念事業実行委員会では「商業施設や商店、学校などで広く流してもらいたい」と呼びかけているほか、「PLECOと凛」は、10月21日に北部市場で開かれる宮前区民祭に出演を予定している。

 問合せは区役所地域振興課【電話】044・856・3104まで。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

区役所移転の可能性探る

鷺沼駅周辺再編整備

区役所移転の可能性探る

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

地域の郷土文化を後世へ

映画プロデューサー小倉美惠子さん

地域の郷土文化を後世へ

2月9日号

大賞は「おかしな!?」一皿

みやまえC級グルメ

大賞は「おかしな!?」一皿

2月2日号

介護予防へ三師会連携

医師・歯科医師・薬剤師

介護予防へ三師会連携

2月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク