宮前区版 掲載号:2012年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

区内生花店加藤さん 野菜ブーケで農業PR 市内農家とコラボ

野菜のブーケづくりを始めた木所さん(右)と加藤さん
野菜のブーケづくりを始めた木所さん(右)と加藤さん
 高津区下作延で農業を営む木所大輔さん(33)が宮前区の生花店経営、加藤智之さん(32)と「野菜のブーケ」づくりを始めた。色鮮やかな木所さんの野菜を生花のプロがアレンジメントした地元発の新商品で農業をPRする。

 木所さんと加藤さんは県立生田東高等学校の同級生だったが、当時は卒業後に連絡を取り合う仲ではなかったという。

 そんな2人が再会したのは、フェイスブックがきっかけ。今年6月頃、名前に心当たりがあったことから情報交換するようになった。 しばらくは互いの職業を知らずに「つながっていた」2人だったが、ある時、「つくったスイカを子どもに食べさせた」などの書き込みから、木所さんが農家であることを知った加藤さんが、野菜のブーケづくりの話を持ちかけた。

 丁度その頃、食材として以外の野菜の可能性を探っていた木所さん。2人の想いは重なり、順調に話は進んだ。

色鮮やかな品々が一束に

 「スーパーにはない面白い野菜を育てて、(消費者に)視覚的にも楽しんでもらいたい」という木所さんがつくる野菜は種類が豊富。赤軸ほうれんそうや中身が赤い紅芯大根、同じ人参でも赤、黄、緑、また白、緑のナスといったように。

 10月、木所さんが加藤さんの店に野菜のサンプルを持ち込んだ。加藤さんの第一印象は「どれも色が鮮やかでとてもきれい。人に薦めたくなるような野菜」。早速”野菜の花束”づくりにとりかかった。

 仕上がりを見た木所さんは「野菜が違うものに見えた」。それまでも高津区役所向かいにある自身の直売所で色とりどりの野菜の詰め合わせを販売していたが、「(プロの技は)見せ方が違う。クオリティが違う」と感動を覚えた。

 野菜のブーケは直売所にチラシを置いてPRしているほか、加藤さんが経営する加藤花飾堂のホームページ(http://www.kf-kato-hanashokudo.com)でも紹介している。

宮前区版のローカルニュース最新6件

まちづくり繋ぐ

まちづくり繋ぐ

2月16日号

地域一体の取組が必要

万引防止

地域一体の取組が必要

2月16日号

楽しみながら創造性養う

新「直売所マップ」完成

50年の軌跡をたどる

さぎ沼商店会

50年の軌跡をたどる

2月16日号

復興支援コンサート

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク