宮前区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

自作カレンダーを被災地に 絵手紙講師の古川さん

完成したカレンダーを手にする古川さん
完成したカレンダーを手にする古川さん

 区内有馬在住の絵手紙講師・古川はるみさんが、自作した絵手紙カレンダーを東日本大震災の被災地に贈る活動を行なっている。

 宮前市民館やアリーノ、溝口のてくのかわさき、横浜市の都筑郵便局で絵手紙指導をおこなっている古川さん。「自分ができることで被災した人たちを支援したい」と、昨年末に宮城県南三陸町教育委員会を通じて、仮設住宅で暮らす被災者向けに、生徒とあわせて65本のカレンダーを制作して贈った。今年は100部贈る予定だが、1部あたり約900円の印刷費がかかるため、「趣旨に賛同していただける人に購入してもらい、印刷費の一部に充てたい」と呼びかけている。

 サイズはA3版でオールカラー。絵はすべて古川さんの自作で、2013年版は毎月のページに全国各地の民芸品が描かれている。価格は1部1600円(送料込み)。申込みは12月22日まで。

 申込み、問合せは古川さん【電話】044・856・0623まで。
 

宮前区版のローカルニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク