宮前区版 掲載号:2013年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

宮前梨 甘み、粒とも良好 区内7園で栽培

社会

「上々の出来」と持田さん(正果園)
「上々の出来」と持田さん(正果園)
 宮前区の特産品として知られる「宮前梨」。今年は春先から気温が順調に上がり、例年よりも早めに実り、すでに収穫が始まっている。栽培する区内7園では1日前後から直売を始めている。

 「県の名産100選」にも選ばれる川崎産の梨。その1つの「宮前梨」は、昭和30年代から有馬で栽培が始まり、技術の向上や「幸水」「豊水」といった人気品種の登場、「もぎたて、直売」でファンを増やし、現在では宮前の特産品として定着した。また、市場に出回ることのない直売所のみの販売で、希少価値も高い。

 栽培しているのは有馬、土橋、小台、野川など7園と中原区の2園。「宮前梨組合」を組織し、味はもちろん、安全な宮前梨の提供を目指している。

 「今年は雨もしっかり降って、気温も高め。大きさ、甘みとも良好な梨が提供できる」と話すのは区内有馬4丁目で「正果園」を営む持田嶺哉(りょうや)さん(30)。今年は春先からの気温の上がり具合も順調で、必要な雨も十分に降ったことから、例年よりも1週間ほど早い収穫になっている。

 持田さんの梨園では「幸水」「豊水」などを栽培。特に8月下旬から9月上旬に獲れる「新星」から突然変異で生まれたオリジナル「白雪姫」はみずみずしく甘みが強い品種として人気急上昇中だ。

 各梨園では、生育の早い幸水がすでに直売所に並び、「あきあかり」、「豊水」、「新星」と9月中〜下旬ごろまで楽しめる。

宮前区版のトップニュース最新6件

4月 世界大会に挑む

宮前区ゆかりのアスリート

4月 世界大会に挑む

3月30日号

市内4駅で道路整備

自転車安全対策

市内4駅で道路整備

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月23日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

多世代の「繋がり」創出を提案

第6期区民会議

多世代の「繋がり」創出を提案

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク