宮前区版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

市民合唱グループ つつじ寺で「般若心経」を合唱 「心を込めて歌う」

社会

コール・エスペランサ(10周年コンサートより)
コール・エスペランサ(10周年コンサートより)
 宮前区菅生を拠点に活動する市民合唱グループ、コール・エスペランサ(小澤幸雄団長)は2月8日、つつじ寺として有名な等覚院(区内神木本町・中島有淳住職)の本堂で混声合唱の般若心経を披露する。般若心経の合唱は珍しく、同グループの瀬尾為明さんは「心を込めて歌い上げたい」と意気込む。

 コール・エスペランサは2003年、区内菅生で発足。現在は指揮、伴奏含め34人が在籍している。般若心経の合唱は10周年の節目となる昨年、記念コンサートで初披露、反響を呼んだ。

 般若心経を歌おうを決めたのはおよそ3年前。選んだ理由は地域に根付いた市民合唱団として、日本的な曲を歌おうと思ったため。昔から伝わる民謡も候補にあがったが、「教会のレクイエムやミサ曲があるのなら、日本の心を伝える楽曲として般若心経を」と決めたという。

 しかし、作曲家鈴木憲夫さんが作った混声合唱の般若心経は9声の合唱となるため、30人ほどの同団体では1人当たりの比重が高く、和音を作るのが難しい。その中「意味を知ることで、もっと歌える」と同寺の副住職、中島光信さんを招いた勉強会を開き、難曲の練習を乗り切った。

 今回の合唱はこれが縁で決まった。

 中島副住職は「(合唱で)多くの人たちに勇気と元気を与えてくれるのでは」と話す。

 小澤団長は「凛とした本堂での演奏は団として初挑戦。身の引き締まる思い」と話した。

 本堂での合唱は等覚院が毎月8のつく日に行う法要イベントの一環として行われる。時間は午後2時からで、法話の後に披露する予定。問合せは瀬尾さん【携帯電話】090・6528・8850。

宮前区版のトップニュース最新6件

4月 世界大会に挑む

宮前区ゆかりのアスリート

4月 世界大会に挑む

3月30日号

市内4駅で道路整備

自転車安全対策

市内4駅で道路整備

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月23日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

多世代の「繋がり」創出を提案

第6期区民会議

多世代の「繋がり」創出を提案

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク