宮前区版 掲載号:2014年2月7日号 エリアトップへ

インフルエンザ 川崎市が警報発令 さらなる流行も懸念

掲載号:2014年2月7日号

  • LINE
  • hatena
川崎市内5年間のインフルエンザ発生状況(市内96の定点あたりの患者数)
川崎市内5年間のインフルエンザ発生状況(市内96の定点あたりの患者数)

 川崎市は4日、インフルエンザの警報を発令した。1月27日から2月2日までの患者数が流行発生警報基準値を超えたためだ。市健康福祉局では、市内においてインフルエンザのさらなる流行が推測されるため、手洗いやうがいなどでの予防の徹底を訴えている。

 発生状況を示す市内96の定点(医療機関)あたりのインフルエンザ患者数は、1月27日から2月2日の間で40・85人と前週の27・28人を上回り、発生警報基準値の30人を超えた。

 2月4日現在、市内の私立幼稚園、公立・私立の小中学校から報告されている学年閉鎖数は11施設、学級閉鎖数は84施設にのぼった。中でも小学校の学級閉鎖は70施設に及ぶ。

ウイルスの型が複数

 市健康安全研究所によると、市内で流行しているインフルエンザウイルスの型は、今年1月以降の検出状況でAH1pdm09型が最も多く19件、続いてB型が12件、A香港型が7件と続く。AH1pdm09型とは、2009年に流行した新型インフルエンザウイルス。昨年、一昨年はA香港型が最も多かったが、今年は3つの型が流行している。またタミフルに耐性を持つウイルスの報告が全国ででてきていることから、同研究所では今後の流行には注意が必要としている。

 市健康福祉局は、外から帰ったら、必ず手洗い、うがいの徹底や、人にせきやくしゃみをかけない「せきエチケット」、部屋の湿度を50%から60%に保つなど「インフルエンザに『かからない、うつさない』ための正しい衛生習慣を身に付けてほしい」としている。

宮前区版のトップニュース最新6

地域の暮らし 語り合う

ラブみやまえ

地域の暮らし 語り合う 文化

市民団体らオンラインで交流

3月5日号

計画 約1年延期へ

鷺沼駅前再開発

計画 約1年延期へ 社会

準備組合「収束後」見据え

3月5日号

「ご近助さん」を事業化

宮前区予算案

「ご近助さん」を事業化 社会

つながりづくり拡充へ

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位

【Web限定記事】

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位 スポーツ

男子ジュニアで日本人初

2月19日号

吉野君 二子山部屋入り

【Web限定記事】野川中出身

吉野君 二子山部屋入り スポーツ

向の岡工高から、5月場所デビューへ

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク