宮前区版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

(PR)

聖マリアンナ医科大学病院 看護専門相談員に聞く 第11回 精神病の基礎を知る

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena
左上から名古屋靖子主任、田中明子師長、大石麻紀主任、左下から八木由美さん、比佐奈保子さん
左上から名古屋靖子主任、田中明子師長、大石麻紀主任、左下から八木由美さん、比佐奈保子さん

 聖マリアンナ医科大学病院(区内菅生)で外来相談を担当する専門・認定、病棟看護師に聞いていく。11回目となる今回は精神科看護相談について。

 近年増加傾向にある精神病だが、誰にでも起こりうる身近な病気だという。「まじめな人や几帳面な人などに多く見られることがあります」と看護相談を担当する病棟看護師の比佐奈保子さん。周りを気にする、部屋にこもりがちになる、光を気にするなど、普段と異なる行動をとるようになったら注意が必要だ。「身近にいる家族が気づくケースが多いです。変だな、と思った時点で精神科を受診してほしい」と比佐さん。

 相談では「毎日20分歩く」「電車に乗って2駅先まで行く」といった身近な目標を一緒に考え、次回の相談までにその目標に取組んでもらう。比佐さんは「精神病の患者さんの多くは、掲げている目標が高すぎる場合があります。まずは小さなことから、自分を認めてあげることが大切です」と話す。

 精神病の患者にとって最も重要なのは内服の継続だ。「自分の意志で継続できるようになるのが一番ですが、難しい場合が多いため家族の支えが必要です」と話す。しかし、家族が病気を受け入れられない、頑張りすぎて家族が倒れてしまうということも多いという。「無理せず早めに、専門機関に相談してほしい」と話す。

■精神科看護相談――内服継続、社会復帰ついての相談。対象は入院歴のある外来患者と家族。不定期(主に外来受診日の診療前後に実施)。1回1500円。詳細は同医大病院【電話】044・977・8111(代表)神経精神科外来まで。

聖マリアンナ医科大学病院

川崎市宮前区菅生2-16-1

TEL:044-977-8111

http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

成建の「抗ウイルス住宅」

成建の「抗ウイルス住宅」

〜今、求める新しい生活様式〜 新仕様モデル65万円/坪

1月15日号

相続・不動産の悩み解決

相続・不動産の悩み解決

電話&オンラインでの無料相談受付

1月15日号

院内感染予防を徹底 安心の治療を

受診控えに警鐘

院内感染予防を徹底 安心の治療を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

1月15日号

成建の「抗ウイルス住宅」

成建の「抗ウイルス住宅」

〜今、求める新しい生活様式〜 新仕様モデル65万円/坪

1月15日号

新春  絵画お宝市

新春 絵画お宝市

開催2月9日まで 最大80%OFFも

1月15日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク