宮前区版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

宮城県東松山市の仮設住宅で被災者に手作りの雛人形の作り方を教えた 河野 悦子さん 鷺沼在住 67歳

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

手作り雛人形で広がる輪

 ○…今月19日、東日本大震災の被災地、宮城県東松山市の仮設住宅を訪れ、被災者とともに手作りのひな人形を作った。2011年に東日本大震災の支援活動として温泉旅館で作っていたひな人形を紹介する新聞記事を見つけ、同旅館を訪れ作り方を教わった。2012年には作りためたひな人形を福島県会津若松市に送った。しかし「送るだけじゃなく現地に行って顔を合わせたい」との想いがくすぶっていた。今回、その想いが実現した。「自分の好きなことで誰かの役に立てるのは素敵ですね」

 ○…ひな人形の寄贈は被災地だけではない。日頃からこつこつ作り続け、昨年は200体を宮前区に、今年は同じく200体を高津区に寄贈した。贈ったひな人形は保育園や小学校などの施設に飾られるという。「近所の子どもが喜んでいたと人づてに聞くこともある。本当に嬉しい」と優しくほほ笑む。この他、姪が営む鎌倉の喫茶店で外国人観光客にお土産としてプレゼントしている。「人知れず、楽しみでやっていることが徐々に広がっている。自分でもびっくり」

 ○…人形作りはもの心ついた頃から。紳士服の仕立ての仕事をする父の隣で見よう見まねで始めた。「夕食に呼ばれても完成するまで動かなかったほど熱中していた」という。手先を使うことが好きで、学生時代も手芸部に所属していた。一方で体操部や柔道部に所属し、汗を流していた。「根はおてんばなのね」とニコリ。

 ○…「今後もきっと、ずっと作り続けていく」。今の目標はあと5年で川崎市内の7区全部にひな人形を寄贈すること。「自分の母や祖母が身に付けていた帯を使って作った思い入れのある品。たくさんの人に届けば嬉しい」と表情を和らげる。「地道に長くコツコツと。震災支援だけでなく、日本文化を世界に広げたい」。そんな想いを胸に、これからもひな人形を作り続けていく。

宮前区版の人物風土記最新6

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

シンガーソングライターで鷺沼でリトミック教室を主宰する

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

土橋在住 47歳

3月20日号

目代 鉄男さん

巡り地蔵の馬絹地区世話人とお宿を代々務める

目代 鉄男さん

馬絹在住 68歳

3月13日号

名古屋 徹さん

JAセレサ川崎花卉部馬絹支部長として花桃を市長に贈った

名古屋 徹さん

馬絹在住 58歳

3月6日号

長野 修司さん

第14回みやまえフォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した

長野 修司さん

東有馬在住 47歳

2月28日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク