宮前区版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

被災地で雛人形づくり 鷺沼在住の河野悦子さん

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 区内鷺沼在住の主婦・河野悦子さんが19日、東日本大震災の被災地、宮城県東松山市の仮設住宅を訪問し、被災者と一緒に雛人形を手作りした。

 河野さんは日頃から雛人形を自作して楽しむほか、知人に作り方を教えるなどしている。また、2013年には宮前区に200体、今年は高津区に200体を寄贈するなどの取組みを行っている。

 雛人形は高さ10センチほどの大きさで、男雛と女雛の2体1組になっている。頭部には市販の綿棒を使い、着物部分には使い古した帯などを再利用する。

 今回の訪問は、同仮設住宅を頻繁に訪問している知人の紹介で実現した。当日は26人の被災者が参加した。参加者らは細かい作業に苦戦しながらも約1時間かけて雛人形を作成した。

 参加者からは「今度誕生日を迎える孫にプレゼントする」「すごく楽しかった。可愛らしくて愛着が湧く」との声が上がった。この他、当日参加できなかった人のために、希望者には雛人形を後日郵送するという。

 河野さんは「ずっと行きたいと思っていた。今回たくさんの方に喜んでいただいて本当に嬉しい」と話していた。

宮前区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 文化

出席者は昨年比4割減

1月15日号

福祉施設に物資寄付

商議所女性会

福祉施設に物資寄付 社会

ベビー服など400点以上

1月15日号

新春の集い中止に

持田県議

新春の集い中止に 政治

1月15日号

救急出動12年ぶり減少

川崎市

救急出動12年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月15日号

川崎舞台にラジオドラマ

川崎舞台にラジオドラマ 文化

28日から、『鬼滅』声優も

1月15日号

周年記念にエコバッグを

周年記念にエコバッグを 文化

デザインから完成までワンストップ

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク