宮前区版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

被災地で雛人形づくり 鷺沼在住の河野悦子さん

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 区内鷺沼在住の主婦・河野悦子さんが19日、東日本大震災の被災地、宮城県東松山市の仮設住宅を訪問し、被災者と一緒に雛人形を手作りした。

 河野さんは日頃から雛人形を自作して楽しむほか、知人に作り方を教えるなどしている。また、2013年には宮前区に200体、今年は高津区に200体を寄贈するなどの取組みを行っている。

 雛人形は高さ10センチほどの大きさで、男雛と女雛の2体1組になっている。頭部には市販の綿棒を使い、着物部分には使い古した帯などを再利用する。

 今回の訪問は、同仮設住宅を頻繁に訪問している知人の紹介で実現した。当日は26人の被災者が参加した。参加者らは細かい作業に苦戦しながらも約1時間かけて雛人形を作成した。

 参加者からは「今度誕生日を迎える孫にプレゼントする」「すごく楽しかった。可愛らしくて愛着が湧く」との声が上がった。この他、当日参加できなかった人のために、希望者には雛人形を後日郵送するという。

 河野さんは「ずっと行きたいと思っていた。今回たくさんの方に喜んでいただいて本当に嬉しい」と話していた。

宮前区版のローカルニュース最新6

台風支援 市に112万円

バスケB1・川崎BT

台風支援 市に112万円 スポーツ

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

市民227人、一時活動休止

英国事前キャンプ

市民227人、一時活動休止 スポーツ

市、五輪延期受け

4月3日号

地元アーティストが共演

地元アーティストが共演 文化

5月、アリーノコンサート

4月3日号

献血に57人が協力

川崎富士見ライオンズクラブ

献血に57人が協力 社会

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク