宮前区版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』Q&AVOL.44 企画・制作/日本維新の会 県立汐見台病院は負のスパイラル 神奈川県議会議員 飯田満(日本維新の会)

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

【前回のあらすじ】

 県立汐見台病院は平成18年から県医師会が運営。決算ベースで歳入歳出共に約48億1千8百万円で純損失はゼロ。行政は「病院経営は良好」と評価したが、実際は赤字を埋める政策的医療交付金が約7億3千万円投入されているとして飯田がその評価をバッサリ斬り捨てた。この政策的医療交付金は県民の血税である。

【血税を投入せず運営】

本来、病院の赤字を穴埋めするために投入されている政策的医療交付金は差し引いて考えるべきです。そうすると同病院の人件費は64・6%、材料費27・5%と病院経営としては7%〜10%程割高で特に顕著なのは人件費です。また同病院の入院患者率は74・9%と経営的視点で言えば損益分岐点で80%は必要です。しかし、80%にするには現在の10対1看護でも看護師が絶対的に不足です。理想は7対1看護ですが程遠く、看護師を増やせば人件費比率が上がり病院経営は厳しく、負のスパイラルに陥ります。最低でも現況を維持するには血税による赤字補填に頼らざるを得ません。このような状況で、何故「経営は良好」と恥じらいも無く言えるのか私は不思議でなりません。県税を審査する者として、まず、行政の意識改革が必要だと考えます。

汐見台病院の現地調査で職員から施設の説明を受ける
汐見台病院の現地調査で職員から施設の説明を受ける

神奈川県議会議員 飯田 満(日本維新の会)

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

市立学校、コロナ対応の今!

宮前ガバナンス1月号 連載寄稿

市立学校、コロナ対応の今!

〜臨時休業ルール改定〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

1月15日号

デジタル化で便利な社会に

国際ルール作り 主体的に 意見広告

デジタル化で便利な社会に

衆議院議員 やまぎわ大志郎

1月8日号

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

市政報告Vol.33

保護司の活動支援について特別支援学校 就学に関わる課題

川崎市議会議員 矢沢たかお

1月8日号

町内会、民生委員の運営支援を

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

町内会、民生委員の運営支援を

公明党 川崎市議会議員 田村しんいちろう

1月1日号

市と教育委員会にコロナ対策を要望

市政報告

市と教育委員会にコロナ対策を要望

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

1月1日号

コロナ克服へ総力を挙げる

市民のシビックプライドを醸成 12月議会報告

コロナ克服へ総力を挙げる

公明党 川崎市議会議員 山田はるひこ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク