宮前区版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

体験会で「杖」サッカー普及を 障害者と健常者共に楽しむ

社会

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
当日の参加者と地元チームメンバーら
当日の参加者と地元チームメンバーら

 事故などで腕や脚を失った人がプレーできる杖を使ったサッカー「アンプティサッカー」の体験会が18日、区内犬蔵の市消防訓練場体育室で行われた。区内でアンプティサッカー単独の体験会は今回が初。「障害者、健常者が一緒に楽しめる競技として普及させたい」と主催者は話す。

 主催は障害者を含め、広く市民のスポーツの場づくりを進めているNPO法人ファンズアスリートクラブ(井上秀憲代表)。

 アンプティとは「四肢のいずれかを切断した人」という英語。アンプティサッカーはこの腕や脚を失った人が金属製の医療用の杖を使って行う競技で、ワールドカップも開催されている。宮前区では全日本選手権が毎年行われている。

 体験会当日は障害者と健常者関わらず小学生から40代まで17人が参加。全日本代表選手も在籍する地元チームアウボラーダ川崎の選手の指導の下、杖を使って「歩く」「走る」「蹴る」などの基本動作を練習した後、選手らとミニゲームを楽しんだ。

 参加した事故で脚を失った市内の児童はアンプティサッカーを楽しんだ様子で、体験後「チーム(アウボラーダ)に入りたい」と話した。

 同競技の普及を目指す井上さんは「障害者、健常者が一緒に楽しめるスポーツ。今後も普及に向けて体験会を開いていく」と話した。

 尚、同NPOでは来年3月、市イメージアップ事業ハンディキャップスポーツフェスタを企画している。

宮前区版のトップニュース最新6

宮前区、充足率96.6%

民生委員児童委員

宮前区、充足率96.6% 社会

市内最高 4者連携が機能

5月20日号

節目50回「挑戦」テーマに

宮前フィル演奏会

節目50回「挑戦」テーマに 文化

団員70人「根付かせたい」

5月20日号

保留児童242人

宮前区

保留児童242人 社会

前年比68人減

5月20日号

ご当地ソング制作へ

区内作曲家長谷川弓子さん

ご当地ソング制作へ 文化

「永劫愛されるものに」

5月13日号

信徒監修「飲食店を元気に」

等覚院周辺グルメマップ

信徒監修「飲食店を元気に」 文化

祈祷を縁に制作

5月13日号

片山さん 総務大臣表彰

行政相談委員

片山さん 総務大臣表彰 社会

区長に報告「宮前の宝」

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook