宮前区版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

宮前区を拠点としたアンプティサッカーチーム「アウボラーダ川崎」で監督を務める 半澤 真一さん 横浜市在住 27歳

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena

「人生なんとかなる」

 ○…ケガや病気などで足や手を切断した選手によるサッカー「アンプティサッカー」。地元チーム「アウボラーダ川崎」の監督を務めて1年半。昨年同チームは日本選手権準優勝を果たした。監督として気をつけていることは「選手もスタッフも、チーム皆で一緒にやっているという意識」。選手は年上ばかりだが、意見を言い合うことで壁はつくらない。「練習したことが試合で上手くいった時の選手の笑顔が嬉しい」と監督としての喜びを語った。

 ○…サッカーとの出会いはJリーグが開幕した頃。小学生から地元のチームに入りサッカーに熱中してきた。中学以降のポジションはキーパー。「小さいころから周りを見て行動する性格だった。全体を把握するキーパーは自分に合っていた」と当時を振り返る。大学卒業後、障害者スポーツ施設に就職。利用者からアンプティサッカーを教えてもらった。初めてプレーを見た時「手や足がなくてもサッカーはできる」と実感。180度意識が変わった。これをきっかけに川崎でのチーム立ち上げに加わった。

 ○…現在は特別支援学校の教員として働いている。「どうやったら子どもたちを自立させられるか、先生たちと話し合う時間が楽しい」と、職場でも監督らしい一面を見せている。休日の楽しみを聞くと「やっぱりサッカーかな」と笑顔。休みでもじっとしているのは苦手だという。「自分がやりたいことができるのが楽しみ。これで1週間の疲れが取れる」

 ○…11月に開幕するアンプティサッカーのW杯では、日本代表のキーパーコーチを務める。「世界相手の勝利をみたい」と気合は十分。アウボラーダ川崎の監督としては「神奈川県でアンプティサッカーを盛り上げ、地域に恩返ししていきたい」とも。自身の夢はサッカーを通して色々な人と関わっていくこと。好きな言葉は「人生なんとかなる」。周りを巻き込む前向きな笑顔を見せてくれた。

宮前区版の人物風土記最新6

関口 真由(まさよし)さん

みやまえ情報ラボで最年少メンバーとして活躍する

関口 真由(まさよし)さん

菅生在住 22歳

1月28日号

恒川 康夫さん

ベンチ設置など鷺沼町会でさまざまな取り組みを推進する

恒川 康夫さん

鷺沼在住 86歳

1月21日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区在住 35歳

1月14日号

山田 和穂さん

2年ぶりに再開した稗原小算数ボランティアのまとめ役を務める

山田 和穂さん

菅生在住 56歳

12月24日号

松山 知明さん

各種歯科健診などの取り組みを進める

松山 知明さん

川崎市歯科医師会会長 62歳

12月17日号

都倉 建藏さん

宮崎町内会長として宮崎台小芋ほり交流などに取り組む

都倉 建藏さん

宮崎在住 76歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook