宮前区版 掲載号:2014年6月27日号 エリアトップへ

日本民家園の園長として、古民家の魅力を伝えている 木下 あけみさん 多摩区在住 59歳

掲載号:2014年6月27日号

  • LINE
  • hatena

知れば知るほど深い魅力

 ○…園長に就任してから今年で5年目。来春の年度末には定年退職を迎える。これまで以上に民家園の魅力を広く知ってもらおうと、新しいイベントや展示の計画に余念がない。7月と9月に計画しているイベント『園長とおさんぽ』もその1つだ。古民家初心者でも楽しめるよう、民家や民具を散歩感覚で解説しようという。「知れば知るほど深みにはまる魅力がある」。多くの市民にこの魅力を伝えたいとラストスパートを駆けだした。

 〇…「レプリカではなく本物だからこそ、今はわからなくても、将来の研究によってわかることもある」。日本民家園は、消滅しつつある古民家を移築して将来に残すことを目的に1967年に開園した。学術的な使命はもちろん、田舎暮らしを知らない都会の市民にとってもかけがえのない存在だ。自身も父親の転勤が多く、故郷といえる場所がなかった。「本当にこの空間にいるのがいい。実際に古民家で暮らしたことがないから癒しを求めているのかも」

 ○…「民家園で働きたくて市の職員になった」。79年に入庁し、図書館や科学館など主に教育関連に従事してきた。毎年、異動希望を提出し、17年かけて念願の配属先になった。民家園に魅了されたのは大学生の時。民俗学を専攻し、民家園で民具を作る技術を保存する市民団体に参加したのがきっかけ。「道具を自分の使いやすいように自分で工夫する。日本人の知恵が詰まっている」と魅了され、その気持ちは今でも変わらない。

 ○…仕事も趣味も古民家が中心。休みの日でも他の古民家の展示を見に行ったり、自宅で民家の本を読んだりして過ごす。お椀に鍋に織り機など古い道具をみては「どんな人がどんな風に作ったんだろう」と想像を膨らませている。民家園は3年後に開園50周年を迎える。「定年後も何らかの形で民家園にかかわれたら」と笑顔を覗かせた。

宮前区版の人物風土記最新6

都倉 建藏さん

宮崎町内会長として宮崎台小芋ほり交流などに取り組む

都倉 建藏さん

宮崎在住 76歳

12月3日号

田原 田鶴子さん

シェアオフィス ノクチカで個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮崎在住 65歳

11月26日号

ジョン ジエイさん

鷺沼ロータリークラブの奨学生で、細胞学の研究に励む

ジョン ジエイさん

世田谷区在住 26歳

11月19日号

笠(りゅう) 秀則さん

川崎北税務署の署長として、税への理解を求める

笠(りゅう) 秀則さん

高津区在勤 60歳

11月12日号

小林 貴大さん

子ども食堂を開始した「Erii's(エリーズ) Cafe(カフェ)」の代表を務める

小林 貴大さん

菅生ヶ丘在勤 34歳

11月5日号

高橋 乃愛さん

東京都代表としてバドミントンの全国大会に出場する

高橋 乃愛さん

野川台在住 14歳

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook