宮前区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

(PR)

地域医療への取組みを紐解く 第4回 安心安全の抗がん剤治療を目指す 聖マリアンナ医科大学病院

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
薬剤師の湊川紘子さん(左)と塩川尚恵さん
薬剤師の湊川紘子さん(左)と塩川尚恵さん

聖マリアンナ医科大学病院(区内菅生)が目指す『地域に根差した医療』への取組みを紐解いていく。

 今回は「抗がん剤の服薬指導」について。様々な副作用がある抗がん剤を安全に安心して飲めるよう、同大学病院では薬剤師による服薬指導に加え、街の薬局との連携を図っている。

 入院して治療するイメージが強いがん治療だが近年では通院での治療が増えてきているという。「その分自宅での副作用のセルフケアが重要」と話すのは薬剤師の塩川尚恵さん。「薬の種類も年々増えるため、正しい飲み方で副作用と付き合っていくことが大切」とも。

 外来の待ち時間を利用しての服薬指導に加え、相談にも応じてくれる。「外来だけでは時間も限られているため、指導や相談が十分にできない。じっくりと相談できる時間を作りたかった」と塩川さん。副作用には様々な症状があり、危険なものもあるため、自己判断せずに相談することが重要だという。

 さらに、同大学病院では服薬の記録や副作用の症状を記入する「服薬ダイアリー」を使用して患者・病院薬剤師・薬局薬剤師が情報を共有している。「病院で言われたことが薬局でうまく伝わらない…」そんな悩みをもつ患者も多いという。塩川さんは「薬剤師同士が情報を共有することが患者様の安心につながる」と話す。

 同大学病院では薬局との連携を強めるため、定期的に院外薬局との勉強会を行っている。服薬指導の方法や新しい薬の副作用などについての説明のほか、ロールプレイやディスカッションも行う。「お互いが顔の見える関係を築くことでスムーズな医療につなげたい」と多くの薬剤師の参加を呼びかけている。

■抗がん剤服薬指導・相談―同医大腫瘍センター塩川さん・湊川さん【電話】044・977・8111(代表)

聖マリアンナ医科大学病院

川崎市宮前区菅生2-16-1

TEL:044-977-8111

http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

電気の心配ない暮らしへ

災害への備え万全ですか? 新築・建替

電気の心配ない暮らしへ

供給システム設置 実質0円

7月23日号

外構工事、無料でお見積り

エクステリア

外構工事、無料でお見積り

プラン作成も

7月23日号

最大60万ポイント付与

「新制度」でお得にリフォーム

最大60万ポイント付与

お勧めは「抗菌素材の床」

7月23日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

7月16日号

酸素カプセルで疲労回復、治癒力アップ

初回限定価格 通常50分2750円が1000円に

酸素カプセルで疲労回復、治癒力アップ

数人で入れるボックスも人気!

7月16日号

夏休みチャレンジ企画

宮山スポーツプラザ

夏休みチャレンジ企画

特別教室の参加者募集

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平和な未来のために

平和な未来のために

市民館で原爆展 6日から

8月6日~8月11日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter