宮前区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』Q&AVOL.49 企画・制作/結いの党・日本維新の会 障害者、健常者が共に学ぶ教育の実現 神奈川県議会議員 飯田満(結いの党・日本維新の会)

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

Q 日本も「障害者権利条約」を批准しましたが神奈川県の取組みについて教えてください。(30代女性)

A 平成18年「インクルーシブ教育の推進」が盛り込まれた条約が国連で採択され、我が国も障害者基本法を改正し、批准に向けた準備をおこなってきました。

 「インクルーシブ教育」とは、障害のある児童生徒と障害のない児童生徒が共に教育を受ける共生社会の実現に向けた考え方です。

 神奈川県では、条約に先駆けて昭和59年から「共に学び共に育つ」として『同一空間(教室)・同一時間・同一内容』で学ぶ事を基本とした方針が示され実践してきています。

 しかし、県立高校におけるインクルーシブ教育は、教職員の専門性や教室教材などの環境整備や入学者選抜の課題、即ち合理的配慮に欠いている部分が課題として多く積み残っています。

 そんな中、国の補助事業として県立高校2校で研究推進事業が3年間の日程で進める補正予算案を県議会で成立させました。

 私が議会で特に主張した事は、インクルーシブ教育は、障害者だけに係る取組みではなく、障害者に対する差別、偏見なく、個性を尊重できる「健常者」を教育すること。と申し上げて

きました。県民一丸で取組む課題だと考えています。

インクルーシブ教育についての討論を行う飯田
インクルーシブ教育についての討論を行う飯田

神奈川県議会議員 飯田 満(日本維新の会)

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!資源集団回収と税金の関係!

「GIGAスクール構想」で未来に翔け2

宮前ガバナンス6月号 連載寄稿

「GIGAスクール構想」で未来に翔け2

〜情報化社会を乗り越える力を〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

6月19日号

川崎じもと応援券を有効に活用しよう!

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

川崎じもと応援券を有効に活用しよう!

〜新型コロナに対する中小企業支援策〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月15日号

子どもの権利守るコロナ対策を

子どもの権利守るコロナ対策を

川崎市議会議員 石川けんじ

5月1日号

「GIGAスクール構想」で未来に翔け!

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

「GIGAスクール構想」で未来に翔け!

〜情報化社会を乗り越える力を〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月17日号

新型コロナ、拡大防止に全力

県政報告

新型コロナ、拡大防止に全力

県議会議員(自民党)持田文男

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク