宮前区版 掲載号:2014年10月3日号 エリアトップへ

市民団体が基金設立へ 活動資金集めに新たな道筋

社会

掲載号:2014年10月3日号

  • LINE
  • hatena

 市民基金を設立して市民活動を財政的に支援――。こんな仕組みを普及させようと、市内の市民グループが公益財団法人の設立を目指して準備を進めている。高齢者や障害者、子育て支援などに取り組む市民団体の資金づくりに新たな道筋をつくろうという試みだ。

「現在、市民団体は資金集めや人材の確保などが厳しく、消滅してしまうことも少なくない」そう話すのは「かわさき市民しきん」設立準備会代表の広岡希美さん。準備会は、市民活動を支援するNPO法人ぐらす・かわさきの講習会をきっかけに大学教授やNPO法人関係者、学生ら11人が集まり、今年6月に発足。来年4月を目途に寄付金に税制上の優遇措置が受けられる公益財団法人の設立を目指している。

 現在は500万円を目標に運営経費などの資金を集めている。

 準備会では基金「かわさき市民しきん」として3つの寄付の仕組みを提案している。「テーマ提案型プログラム」は寄付する市民の提案を取り入れながら、その市民とともに課題解決を支援する仕組み。「事業指定プログラム」は寄付の対象となる活動を広報し、市民側が共感した活動に対して寄付を受ける仕組み。「冠(オーダーメイド)プログラム」は寄付をした企業らの名前を冠した事業をたちあげ活動する仕組み。

 この仕組みの周知に向け専用ウェブサイトやイベントでアピールしている。

 問合せは同準備会【電話】044・872・9325へ。

宮前区版のトップニュース最新6

市民の生活様式 共有

市民の生活様式 共有 社会

宮前区 体験談や作品募集

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日11:45更新

  • 6月1日9:48更新

  • 5月26日18:48更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月2日号

お問い合わせ

外部リンク