宮前区版 掲載号:2014年10月10日号 エリアトップへ

県内初 にぎわい補助金で市場活性 今月から順次イベント

社会

掲載号:2014年10月10日号

  • LINE
  • hatena
毎週土曜日に開催されている一般消費者向けイベント「関連・朝市」
毎週土曜日に開催されている一般消費者向けイベント「関連・朝市」

 川崎市中央卸売北部市場商業協同組合(齊藤幸雄理事長・宮前区水沢1の1)は地域商店街活性化事業(にぎわい補助金)を活用した集客イベントを開く。18日を皮切りに順次開催する。

 市場の組合が交付を受けるのは県内では初となる。

 同組合は川崎市中央卸売北部市場内で食品、加工食品、衣料、雑貨など関連商品を扱う。現在、65店が加盟している。

 地域貢献と市場の活性化を目的に開催している一般消費者向けの土曜朝市はすでに200回を超え、名物イベントとして毎回多くの市民が訪れる。

 今回、補助金を受けて行う「人でにぎわう市場の実現」事業は、この朝市を基に催し物を増やし拡大したものとなる。

 近年、市場を介さない流通が増え、業務筋の顧客離れが懸念される中、イベントによる一般消費者を呼び込み、活性化を図ることを目的としている。

 イベント内容は親子連れで楽しめる縁日や、市場内に特設リングを設けたプロレス、市場の食材を使った料理教室、景品を用意した1カ月にも及ぶ年末大売り出しなど。

 その他、組合オリジナルのスタンプカードや組合加盟店の所在がわかるマップの配布、空き店舗を活用した「憩いの場」の設置も予定している。

 「北部市場を『市民の台所』として改めて理解してもらうため、皆で知恵を絞り多彩な企画を用意した。この機会に、地元の市場の魅力を感じて欲しい」と齊藤理事長。
 

宮前区版のトップニュース最新6

市民の生活様式 共有

市民の生活様式 共有 社会

宮前区 体験談や作品募集

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日11:45更新

  • 6月1日9:48更新

  • 5月26日18:48更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月2日号

お問い合わせ

外部リンク