宮前区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

宮前区を拠点に様々な地域活動をプロデュースしている 村瀬成人(しげと)さん 宮崎在住 59歳

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena

「オハイオ」でまちづくり

 ○…「地域の人が持つアイデアをカタチに」―。宮前区を拠点に地域の様々なプロジェクトをプロデュースし、発信している。川崎で働く女性の魅力を発信する「ウーマンカワサキプロジェクト」や、市のイメージアップ認定事業「色輪っかつなぎ」などもそのひとつ。現在、市民館に設置されているアウェアネスツリーの企画にも携わった。「人と人との繋がりの中で様々なプロジェクトの芽が出ている。来年以降さらに発展させていきたい」

 ○…地域活動に繰り出したのはここ2、3年のこと。美術大学卒業後からグラフィックデザイナーとして都内で30年以上働いてきた。「ものを売るためだけのデザインをしていていいのか」と、3年前に区内の自宅で起業。日中近所を歩いてみると、静かで物寂しい住宅地。「おもしろいことで地域を変えていきたい」。そんな時、市民館で目に留まった区まちづくり協議会の公募委員募集チラシをきっかけにまちづくりの世界へ。地域ビジネスの社会人講座にも通い、デザインの枠を超えて動き出した。

 ○…生まれは東京都。通っていた千代田区の小学校の周りに出版社が多かったことも影響し、当時の夢は漫画家。高校の美術で石膏デザインに魅了され、アートの道を進んできた。「大学生の娘は宝塚好き、高校生の娘は漫画やアニメが好き」と芸術好きな一家。休日も地域イベントで外出することが多いが、「娘の演劇や作品展があったら観に行く」と父の顏をみせる。

 ○…活動の基本となっているのは、ある時耳にした「オハイオ」という言葉。「面白いこと、初めてのこと、意味のあること、驚きのあること、4つの頭文字で”オハイオのあること”をしていきたい」と、新しいプロジェクトに進んで取り組む。デザイナーとしての夢は「行政のグラフィックデザインをヨーロッパ並みにかっこよくしていくこと」。アートなまちづくりはまだ始まったばかりだ。
 

宮前区版の人物風土記最新6

恒川 康夫さん

ベンチ設置など鷺沼町会でさまざまな取り組みを推進する

恒川 康夫さん

鷺沼在住 86歳

1月21日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区在住 35歳

1月14日号

山田 和穂さん

2年ぶりに再開した稗原小算数ボランティアのまとめ役を務める

山田 和穂さん

菅生在住 56歳

12月24日号

松山 知明さん

各種歯科健診などの取り組みを進める

松山 知明さん

川崎市歯科医師会会長 62歳

12月17日号

都倉 建藏さん

宮崎町内会長として宮崎台小芋ほり交流などに取り組む

都倉 建藏さん

宮崎在住 76歳

12月3日号

田原 田鶴子さん

シェアオフィス ノクチカで個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮崎在住 65歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook