宮前区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

(PR)

地域医療への取組みを紐解く 第9回 施設内感染予防の砦「感染制御部」 聖マリアンナ医科大学病院

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
感染管理認定看護師として活躍する三田由美子看護師長
感染管理認定看護師として活躍する三田由美子看護師長

 聖マリアンナ医科大学病院(区内菅生)が目指す『地域に根差した医療』への取組みを紐解いていく。今回は「感染制御部」について。

 感染制御部とは、院内感染の予防や拡大防止のため、院内環境に目を光らせ、医師や看護師など病院スタッフへの指導やアドバイスを行う部署。

 感染管理認定看護師の三田由美子看護師長は「院内感染の予防や早期発見・対処は、患者様の安全・安心を守ることにつながる」と話す。そのため、院内の感染症患者に対して医師や薬剤師、臨床検査技師など他職種で連携し、院内の安全を確保しながら適切な治療が施せる方法を探すという。

 今のシーズンは インフルエンザやノロウイルスなど、地域感染が起こりやすい病気が増える。この時に重要なのが情報。同医科大学病院では他の病院と連携し、地域でどんな感染症がどのように流行っているかの情報交換をおこなっている。三田さんは「迅速かつ的確に対処し一刻でも早い収束に努めたい」と話す。

地域の保育・老人施設での保健指導も

 感染制御部では、感染症の拡大を防ぐプロとして、保育園や老人施設などで感染症対策のための指導を行っている。主に施設内で拡大しやすいインフルエンザやRSウイルス、感染性胃腸炎の予防を呼びかけている。「マスクの正しい付け方や手洗いの仕方などを実践してもらうだけでも十分な予防につながる。ぜひ心掛けて生活してほしい」と話す。

 また「インフルエンザは妊婦さんでも予防接種を受けることができますので、まずはご相談ください」と三田さん。ただし「予防接種の過信は禁物」とも。予防接種をしても手洗いうがいなど基本的なことをしっかりできてなければ感染は防げない。まずは自己管理することが大切だという。

 ■同医科大学病院感染制御部―【電話】044・977・8111(内線6230)
 

聖マリアンナ医科大学病院

川崎市宮前区菅生2-16-1

TEL:044-977-8111

http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

遺言・相続無料相談会を開催

遺言・相続無料相談会を開催

地元行政書士が個別に対応

1月21日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

1月21日号

葬儀が「まるごとわかる」見学会

来場者プレゼント付き 1月29日(土) 予約不要

葬儀が「まるごとわかる」見学会

1月14日号

三澤忠 信州の山河展

三澤忠 信州の山河展

日展名誉会員 1月24日まで

1月14日号

愛車の売却お任せを

愛車の売却お任せを

無料出張 年間300件の実績店

1月14日号

相続・不動産の悩み解決

相続・不動産の悩み解決

1月22日(土)・29日(土) 無料相談会

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook