宮前区版 掲載号:2015年1月9日号 エリアトップへ

日華親善議員連盟が設立 関係の増進目指す

政治

掲載号:2015年1月9日号

  • LINE
  • hatena
総会に出席した(左から)青木市議、雨笠市議、後藤市議、粘処長、松原市議、嶋崎市議、松川市議
総会に出席した(左から)青木市議、雨笠市議、後藤市議、粘処長、松原市議、嶋崎市議、松川市議

 台湾との経済、文化、芸術、スポーツ等の交流を促進させようと、川崎市議会議員45人が12月17日、川崎市日華親善議員連盟を立ち上げた。

 川崎市役所で行われたこの日の総会では、40人の会員が出席し、役員の選出や会則、予算などを決議し、全会一致で承認。今後、文化的・人的交流イベントなどを通じて台湾との友好を増進していくことが決議された。

 また、総会には来賓として台北駐日経済文化代表処横浜分処の粘信士(ネン シンジ)処長が訪れ、「台湾は非常に親日家も多く、年間約370万人が日本を訪れている。そういった意味でもよりよい交流ができると思う」と挨拶。会長に選出された松原成文議員も「市は長年台湾と交流してきている。議員も目的にのっとって交流を深めていきたい」と意気込みを語った。

 川崎市日華親善議員連盟の役員は次のとおり。カッコ内は会派名。敬称略▽会長=松原成文(自民)▽副会長=後藤晶一(公明)、雨笠裕治(民主)▽事務局長=嶋崎嘉夫(自民)▽会計=青木功雄(自民)▽監事=松川正二郎(新しい川崎の会)
 

宮前区版のローカルニュース最新6

世界遺産の魅力に迫る

世界遺産の魅力に迫る 教育

アリーノで講座受付中

2月26日号

「ラブみやまえ」あす本番

「ラブみやまえ」あす本番 文化

13回目は初のオンラインで

2月26日号

「コロナだからこそできることを」

ラブみやまえインタビュー

「コロナだからこそできることを」 文化

松本実行委員長が抱負を語る

2月26日号

エコバッグ作りませんか

自治会オリジナル

エコバッグ作りませんか 文化

2月26日号

近づく春の足音

平瀬川の河津桜

近づく春の足音 文化

2月26日号

各区に実験拡大

市シェアサイクル

各区に実験拡大 社会

宮前は鷺沼・宮前平駅周辺

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク