宮前区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

川崎市 中学校給食を延期 最大10カ月の遅れ

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は20日、2017年2月に実施する計画だった中学校給食の完全実施について、スケジュールを見直し、延期すると発表した。給食施設の建設の遅れが見込まれるため、提供開始が最大で10カ月遅れるという。

 市は昨年11月、麻生区と中原区、幸区に大規模な給食センターを整備して各学校に配送する方式を導入する実施方針を発表した。施設の建設と維持管理、運営を民間企業に委託する「PFI方式」を導入し、2017年2月から実施する計画だった。

 ただ、東日本大震災や2020年の東京オリンピックによる建設需要の急増で、建設業界では資材や人材が逼迫している状況が続いている。事業者に対する説明会を行ったところ、参加企業55社のうち、7社からスケジュールの見直しに関する意見書が提出された。「ほかのPFI方式の事業に比べてスケジュールがタイト」「大規模給食センターを3つ同時に整備することは難しい」「ほかの川崎市のスポーツ施設などに比べて入札までの余裕がない」等の否定的な意見が相次いだ。

 今回の見直しで、川崎区と幸区、高津区の一部、宮前区の一部を対象とする「南部学校給食センター」の運用開始は17年9月に延期。中原区と高津区の一部、宮前区の一部、多摩区の一部を対象とする「中部学校給食センター」、麻生区と多摩区の一部を対象とする「北部学校給食センター」は17年12月に延期することを決めた。市は、段階的に整備することで、人材と建設資材を計画的に確保できるとしている。

 市担当者は「早い段階で見直しを発表することで、事業者が入札できるようにしていきたい。突発的な事態がない限り、延期した計画通りに実施できると考えている」と話している。

 市内では中学校が全52校あり、給食の実施が延期となるのは給食センターを活用する48校。自校で調理する犬蔵中学校(宮前区)と中野島中学校(多摩区)、小学校と合築のはるひ野中学校(麻生区)と東橘中学校(高津区)は当初の予定通り2016年度中に実施するとしている。
 

宮前区版のトップニュース最新6

防犯経験を1冊に集約

元宮前署長小坂さん

防犯経験を1冊に集約 社会

ボランティアで施設配架

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

舞床さんが中学最高賞

伊藤園俳句大賞

舞床さんが中学最高賞 社会

宮崎中3年 全国51万句から

11月26日号

市場で経済支援講演会

川崎市

市場で経済支援講演会 経済

補助金活用、事例を紹介

11月19日号

「児童交流の場」閉店へ

文具・雑貨店たんたん

「児童交流の場」閉店へ 社会

11月末、ネットは継続

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook