宮前区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

(PR)

地域医療への取組みを紐解く 第9回 患者相談窓口でより良い医療の提供を 聖マリアンナ医科大学病院

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
患者相談窓口を担当する北原圭子さん(前段右)と関係部署との連携を図るスタッフら
患者相談窓口を担当する北原圭子さん(前段右)と関係部署との連携を図るスタッフら

 聖マリアンナ医科大学病院(区内菅生)が目指す『地域に根差した医療』への取組みを紐解いていく。今回は「患者相談窓口」について。 同医大病院では、より良い医療を提供することを目的に病院環境への要望や治療方針に対する疑問や不安などに関する医療相談を受付ける「患者相談窓口」を設置している。同相談窓口は同医大病院本館4階エレベーターホール近くの医療安全管理室内にある。予約なしでいつでも気軽に立ち寄れるため、診察などの待ち時間を利用して相談できるのも魅力のひとつだ。

 医師をはじめ、看護師や関係各部署との連携を図り、医療体制や病院環境の迅速な改善を目指し患者の声を反映していく。中立的な立場から問題解決に向けたアドバイスをしてくれるため、安心して相談できる。入院中の人はもちろんのこと、外来患者や家族の相談にも応じてくれる。

 同相談窓口には「診療時間内では治療についてじっくり聞けなかった」「先生には直接聞きづらい」「待ち時間をどうにかしてほしい」「雨天時に足元が滑りやすい箇所がある」など、様々な声が寄せられる。

 一方で「こんなことを相談しても大丈夫か」「どこに聞けばよいかわからない」という人が多いのも現状だ。同相談窓口担当の北原圭子さんは「皆様の声で改善できる点に気づく場合も多い。安全に安心して医療を受けていただくためにも、お気づきのことがあれば些細なことでもぜひ声を届けていただきたい」と話す。

 患者や家族の気持ちに寄り添い、より良い医療を提供していく。

 ■患者相談窓口は平日午前9時から午後4時、第2・4・5土曜午前9時から11時まで受付け。問合せは同医大病院医療安全管理室―【電話】044・977・8111(内線6484)
 

聖マリアンナ医科大学病院

川崎市宮前区菅生2-16-1

TEL:044-977-8111

http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

「ご自宅復帰応援プラン」

退院直後で自宅復帰を考えている方へ

「ご自宅復帰応援プラン」

SOMPOケア ラヴィーレ川崎宮前

1月22日号

無料申告相談会、中止

東京地方税理士会

無料申告相談会、中止

緊急事態宣言受け

1月22日号

お花に想いを込めて

お花に想いを込めて

平安会館みやまえだいら ご葬儀相談随時受付中

1月22日号

「黄金大仏」が開眼されました

川崎霊園を見守る大仏像が”お色直し”

「黄金大仏」が開眼されました

金箔5万枚の輝き 拝観無料

1月22日号

車売却は安心の買取店で

車売却は安心の買取店で

ハッピーカーズ クルマ出張買取

1月22日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク