宮前区版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

公共(オープン)データ活用アプリ 街の特性生かした9種登場 優秀作には表彰も

社会

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 行政機関が保有する地理空間(G空間)オープンデータを使い、地域の魅力向上や課題解決をする取組みが宮前区をモデルに昨年10月から行われてきた。実用化を目指し、創出された9つのアプリケーションサービスが先月21日、川崎市役所で披露された。優秀作には国交省や川崎市長からの賞も贈られた。

 これは国土交通省事業の一環で、「G空間未来デザインプロジェクト」として慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(神武直彦教授)を中心に進められてきた。市民、行政、企業、識者らが宮前区を舞台にアイデアを出し合い、チームを作ってアプリ開発、普及へ向けた仕組みづくりを行ってきた。

 今回披露されたのは実際にオープンデータを活用し、対象者や今後のシナリオなどサービスの具現化まで考えられた9つのアプリ。宮前区の坂の多さに注目したものでは、勾配情報を利用して累積高低差を記録できるトレーニングアプリや、位置情報と連動して区民の思い出や写真が載った「坂カード」を手に入れられるアプリなどが発表された。また区内の子どもの多さに注目したものでは、場所と連動してクイズやカルタを作れるアプリや、高齢者が「妖怪(見守り隊)」となって子どもと交流できるアプリなどユニークなものが登場。発表後には、審査・表彰が行われた。

 神武教授は「別の地域でも役立ちそうな仕組みが創出された。持続的にやっていくため、さらに議論していきたい」と話した。今後はチームごとに実証実験や協力スポンサー探しをするなど、実用化を目指す。

宮前区版のトップニュース最新6

4カ月振りに始動

北高野球部

4カ月振りに始動 スポーツ

代替大会ベスト8めざす

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

収蔵品の搬出が完了

市民ミュージアム

収蔵品の搬出が完了 社会

3カ月遅れも開館は未定

7月3日号

「情熱は消させない」

みやまえ太鼓ミーティング

「情熱は消させない」 文化

実行委 中止受け結束強化

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

詐欺防止へ機器貸し出し

川崎市

詐欺防止へ機器貸し出し 社会

需要増への対策がカギ

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク