宮前区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

宮前区公示地価 商業・住宅地とも上昇 標準地最高は75万5千円

経済

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 国土交通省が今月発表した2015年1月1日時点での公示地価によると、川崎市の平均価格は、工業地・商業地・住宅地ともに上昇。宮前区も、住宅地、商業地とも価格は上昇している。

 地価公示は、都市およびその周辺の地域で標準地を選定し正常な価格を公示することで、一般の土地取引に対して指標を与えるもの。

 今回発表されたデータでは、全国平均の商業地は7年ぶりに下落が止まり横ばいに。また、住宅地も下落は続いているものの5年連続でその幅は縮小。特に東京、大阪、名古屋の三大都市圏は、商業地、住宅地ともに2年連続でアップした。

 神奈川県は、住宅地が前年0・6%増から今回0・4%増、商業地が同様に前年の1・5%増から1・4%増と、上昇はしているが、上昇率は鈍化傾向にある。

 一方、川崎市で見ると、工業地、商業地、住宅地のいずれも前年から価格は上昇。工業地の平均価格は1平方メートルあたり13万5400円(前年13万3000円)で、前年からの変動率は1・7%(前年同)で横ばい。商業地は同62万8600円(60万5700円)だが、変動率は2・8%(3・4%)でダウン。消費税率の引き上げや建築費の高騰が影響したとみられている。また、住宅地も同25万2800円(24万9500円)と上がったが、変動率は1・1%(1・4%)とダウン。こちらは相次ぐマンション建設による供給過剰懸念が働いたとみられている。

 宮前区では、商業地の平均価格は40万3000円(39万1000円)、変動率は3・2%(2・8%)といずれも上昇。住宅地の価格は24万4300円(24万1400円)で上昇したが、変動率は1・1%(1・4%)と下がった。

 同区内の標準地で1平方メートルあたりの価格が一番高いのは、「小台1丁目18番7外」で、75万5000円(変動率2・7%)。同地は鷺沼駅前の商業地域だ。次いで「土橋3丁目20番9」(鷺沼駅近くの中規模一般住宅が多い住宅地域)の38万4000円(0・0%)、「土橋4丁目3番6」(鷺沼駅近くの中層マンションが並ぶ住宅地域)の37万3000円(3・0%)となっている。

 また、前年から変動率が一番高かったのは、「有馬4丁目4番3(鷺沼駅近くの路線商業地域)で4・4%(28万2000円)、次いで3・2%の「宮崎1丁目12番34外」(宮崎台駅近くの一般住宅・マンション混在の住宅地域、31万8000円)となっている。

宮前区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

中高生防災チーム発足

菅生台自治会

中高生防災チーム発足 社会

若い力で高齢化に一手

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

響け 幼なじみの八重奏

野川中吹奏楽部

響け 幼なじみの八重奏 文化

県金賞、東関東大会に出場

1月17日号

「『ご近助』の取組を大切に」

「『ご近助』の取組を大切に」 社会

高橋区長にインタビュー

1月10日号

宮前区から聖火ランナー

2020東京五輪

宮前区から聖火ランナー スポーツ

県内最高齢の五島さん

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク