宮前区版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

川崎市との連携事業に取り組むNPO法人ピープルデザイン研究所代表 須藤 シンジさん 区内在住 52歳

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena

多様性が混在するまちに

 ○…”心のバリアフリー”をクリエイティブに実現する「ピープルデザイン」。スポーツやエンターテイメントといった「わくわくするコンテンツ」を通して、障害者・高齢者・外国人・子どもなどのマイノリティと、いわゆる一般人との垣根をなくしていく。昨年7月には市と包括協定を締結し、障害者の”わくわくする”就労体験などを進めている。「約1年で200人以上が就労体験をしてくれた。今年は365人以上が目標」と意気込む。

 ○…始まりは20年前。重度の脳性まひを抱えた次男の誕生をきっかけに、家族との時間をつくろうと会社を辞め、独立。障害児を持つ親として「弱者救済的な考え」が彼らをマイノリティにしている日本の福祉の現実に直面した。そこで、2002年にはファッションを通して障害者と健常者が自然と混ざりあう社会の実現を目指す新会社を設立。以後、名高いクリエイターらと手を組んだ障害の有無を問わないグッズの開発や障害者を街に呼び込むイベントなどをプロデュース。海外でも評価され、世界で講演するまでになった。

 ○…都内で生まれ育ち、小学4年生でまだ造成地だった宮前区(当時高津区)へ。「富士見台小学校の第1期卒業生」として、腕白な少年時代を過ごした。大学時代には海外を放浪。大物アーティストと知り合いになった。「物怖じせず人と接する力がついた」とニコリ。3人の息子もニュージーランドへ留学させた。「日本で知っている常識を疑え」が須藤流の子育てだ。

 ○…この1年は市内南部での事業が多かったが、「今後は北部も活発にしていきたい」と話す。区内では「子育てママも期間限定のハンディキャッパー」との考えで、区民が求める子育て支援を皆で考え実現する講座「ピープルデザイン未来塾」を始動。農業の活性化も視野に入れ、新たな試みを思案中だ。「解決された未来をこの目で見る」という夢に着実に近づいている。

宮前区版の人物風土記最新6

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

シンガーソングライターで鷺沼でリトミック教室を主宰する

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

土橋在住 47歳

3月20日号

目代 鉄男さん

巡り地蔵の馬絹地区世話人とお宿を代々務める

目代 鉄男さん

馬絹在住 68歳

3月13日号

名古屋 徹さん

JAセレサ川崎花卉部馬絹支部長として花桃を市長に贈った

名古屋 徹さん

馬絹在住 58歳

3月6日号

長野 修司さん

第14回みやまえフォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した

長野 修司さん

東有馬在住 47歳

2月28日号

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク