宮前区版 掲載号:2015年9月4日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート【6】大腸内視鏡検査 ストレス社会の過敏性腸症候群

掲載号:2015年9月4日号

  • LINE
  • hatena

 軽度から重度まで、日本人の10〜15%が罹っているといわれる「過敏性腸症候群」。この影には、大腸がんなどの深刻な病気が隠れていることもあるという。たまプラーザ南口胃腸内科クリニック(平島徹朗院長)の久津川誠副院長に取材した。

 「末梢神経が最も多く集中している腸は、第2の脳とも呼ばれています」と久津川副院長。仕事の悩みや育児、介護など、精神的なストレスや過度の不安で便秘や下痢が続く場合や繰り返す場合、過敏性腸症候群の疑いがある。しかし、この疾患は症状だけでは判断しづらく、がんやポリープのほか、炎症性疾患がないことが明らかになって初めて診断されるのだという。「正しい診断のためにも、大腸内視鏡検査は不可欠」と久津川副院長は話す。

 同院では、国立がんセンターや大学病院と同等の内視鏡設備を完備。画像が鮮明で視野が明るいデジタルハイビジョン内視鏡とハイビジョンモニターを活用し、特殊光や通常の100倍の拡大内視鏡を用いて、微小な病変もしっかりキャッチ。わずかな隆起や色の変化もしっかりと観察し、より高精度な診断を追求している。

 「いつもの症状だから」と自己判断し、市販薬などを飲み続けるのも危険だ。「放っておくと手遅れになるということもある。ポリープやがんではないことを確認した上で、適切な治療を受けてほしい。まずは医師に相談を」
 

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器のプロに聞こう

64年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

5月24日(火) 宮前市民館4階会議室で

5月20日号

デジタル活用の重要性【2】

デジタル活用の重要性【2】

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月20日号

お店のCM作りませんか

お店のCM作りませんか

動画・楽曲制作、編集もOK

5月13日号

血圧の薬、一生やめられないの?

患者の悩みごと相談室「教えて!きへい先生」【1】

血圧の薬、一生やめられないの?

5月13日号

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月13日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook