宮前区版 掲載号:2015年9月4日号 エリアトップへ

「人」発掘で地域の魅力発信 たまプラ手本に区民が企画

社会

掲載号:2015年9月4日号

  • LINE
  • hatena
一押しの区民をリストアップする参加者
一押しの区民をリストアップする参加者

 宮前区の魅力を発信し、区民のふる里にしようと女性を中心に活動している団体「宮前まち倶楽部」(辻麻里子代表)では、区内で活躍する人(みやまえ人)を集めて紹介する企画「宮前区の100人」を立ち上げた。そのキックオフイベントが8月31日に開かれた。

 昨年、横浜市で市民により企画・製作された冊子『たまプラーザの100人』を手本に、宮前区で活躍する100人を集め、公表することで、まちの魅力を発信していこうと始動。区民による取材や執筆活動を通して、地域のつながりを生み出すことも目的のひとつだ。同冊子の編集長で、青葉区を拠点に地元のエコを発信するNPO法人「森ノオト」代表の北原まどかさんの協力のもと動き出した。

 ワークショップでは北原さんを講師に、企画に関心をもつ区民約30人が参加。チームごとにそれぞれが知る「みやまえ人」を付箋に書き出し、カテゴリー分けを行った。各人のエピソードを交えながら、まちづくりの中心人物や行きつけの店のマスター、公園で草笛を吹いている人、長年農業を営む人など100人を超える多種多様な「みやまえ人」がリストアップされた。

 今後はリストを整理し、14日には取材・執筆を学ぶセミナーを行う。北原さんは「取材を通して人と出会い、つながる素晴らしさを伝えられれば」と話す。

 取材後は宮前まち倶楽部のホームページ上で「みやまえ人」を紹介していくという。代表の辻さんは「この企画を通して区民のつながりが広がるよう、これからどう形にしていくか皆で考えていきたい」と話した。
 

宮前区版のトップニュース最新6

土俵なしで全国ベスト16

土俵なしで全国ベスト16 スポーツ

野川中相撲部 団体戦で

9月20日号

市内1,700店で始動

キャッシュレス決済還元

市内1,700店で始動 社会

市、観光活用へ導入促進

9月20日号

初の多世代交流イベント

全町連・川崎フロンターレ

初の多世代交流イベント 文化

住民・企業・行政が連携

9月13日号

初の「英語」 親しみ重視

市立小教科書

初の「英語」 親しみ重視 教育

市、13教科採択 次年度から

9月13日号

助成金低調、利用2割弱

川崎市ブロック塀撤去

助成金低調、利用2割弱 社会

制度の周知進まず

9月6日号

地域の足、15年越しの実現

白幡台・初山地区など

地域の足、15年越しの実現 社会

10月、買物送迎バス運行へ

9月6日号

地域がつながる食堂開店

宮崎台

地域がつながる食堂開店 社会

大学生が企画・運営

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク