宮前区版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

ノロウイルス 今冬大流行か 新型が主流になる可能性

社会

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena
10年間の感染性胃腸炎の患者数(ロタウイルスなども一部含む)
10年間の感染性胃腸炎の患者数(ロタウイルスなども一部含む)

 今冬ノロウイルスが大流行する可能性があるとして、川崎市はシーズンを前に市民に注意を呼び掛けている。昨年3月に新種のウイルスを発見し、今年同新型が主流種になる可能性があるため。主流種になった場合、例年感染者の多い高齢者や乳幼児だけでなく幅広い年代で感染が広がる恐れもあるという。

 ノロウイルスは、冬場に患者数が増える感染性胃腸炎の一種。高齢者や乳幼児を中心に激しい嘔吐や下痢を引き起こす。通常は症状が1日から2日続いて回復するが、まれに重症化し死亡に至るケースもある。

 近年の主流のウイルス型は「GII・4」だったが、川崎市の研究チームが昨年3月に変異体を発見。国立感染研究所などと共同で、さらに詳しい調査・検査を進めて、新種ウイルス「GII・17」と断定した。

 ノロウイルスは遺伝の変異をおこしやすく、新種が生まれやすいと言われている。新たなタイプが出てくると、免疫がないため、高齢者や乳幼児だけでなく、抵抗力の落ちた大人にも感染が広がり、大きな流行になる恐れがあるという。2006年にノロウイルスが大流行した際も「GII・4」が初めて主流になった年だった。

 市によると、今年1月から同新種の感染者が増え始め、流行期間を過ぎた1月末頃からは全ての患者がこの「GII・17」になっていたという。こうした要因があることから、市はシーズンを前に、市民に注意を呼びかけたという。

 健康安全研究所では、「大流行というのはあくまでも可能性の一部。主流種になるのが遅い場合も過去にはあったが、流行する可能性はあるだけに注意は必要。手洗いなど、ごく当たり前のことが最も有効な予防手段になるので今から習慣づけを行い、対策を徹底してほしい」と話した。
 

宮前区版のトップニュース最新6

宮前区、充足率96.6%

民生委員児童委員

宮前区、充足率96.6% 社会

市内最高 4者連携が機能

5月20日号

節目50回「挑戦」テーマに

宮前フィル演奏会

節目50回「挑戦」テーマに 文化

団員70人「根付かせたい」

5月20日号

保留児童242人

宮前区

保留児童242人 社会

前年比68人減

5月20日号

ご当地ソング制作へ

区内作曲家長谷川弓子さん

ご当地ソング制作へ 文化

「永劫愛されるものに」

5月13日号

信徒監修「飲食店を元気に」

等覚院周辺グルメマップ

信徒監修「飲食店を元気に」 文化

祈祷を縁に制作

5月13日号

片山さん 総務大臣表彰

行政相談委員

片山さん 総務大臣表彰 社会

区長に報告「宮前の宝」

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook