宮前区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

和歌山国体競泳 サギヌマSC選手が好結果 伊東隼汰さん、川根正大さん

スポーツ

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
賞状を持つ伊東さん(右)と川根さん(左)ともにライバルとして高めあっているという
賞状を持つ伊東さん(右)と川根さん(左)ともにライバルとして高めあっているという

 サギヌマスイミングクラブ(宮前区土橋・有馬)に通う伊東隼汰さん(16)と川根正大さん(16)が、9月11日から13日に行われた第70回国民体育大会(和歌山国体)で大活躍。伊東さんは東京都代表、川根さんは神奈川県代表として、ともに400mフリーリレー、50m自由形に出場。伊東さんは優勝と2位、川根さんは4位と3位という好結果を残した。

 国体は全国の47都道府県の代表が競う。同じクラブで切磋琢磨する伊東さんと川根さんは競泳の少年B(14歳〜16歳)の部で、東京代表、神奈川代表に分かれて出場した。

 奇しくも2人は現在、同じ種目のライバルとしてクラブ内でペアを組んで練習する仲。結果はともに伊東さんに軍配があがったものの担当する小池忠昭コーチはこの同門対決を「良い刺激になった」と話す。

 しかし、伊東さん、川根さんとも満足はしていない。直接対決となった50m自由形では、小学生の頃から目標としていた香川県の選手に一歩届かなかったからだ。2位、3位と好成績を残しながら「悔しい」とこぼし、リベンジを誓った。

 将来の2人の目標は五輪に出場すること。その目標にたどり着くためにまずは国内最高峰の日本選手権出場を目指す。現在、高校1年生。現時点でこの年齢で出場資格を得る標準タイムの突破者はいない。「険しい道のりだが、すでに2人は前を向いている」と小池コーチ。今後の成長に期待が集まる。

宮前区版のトップニュース最新6

内定取消生 採用へ

(株)パスポート

内定取消生 採用へ 社会

新型コロナ受け

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

思い受け継ぎ45周年

菅生こども文化センター

思い受け継ぎ45周年 社会

開館時の児童、担い手に

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 社会

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

ベトナム企業と業務提携

サギヌマSC(スイミングクラブ)

ベトナム企業と業務提携 社会

プール貸与で進出拍車

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク