宮前区版 掲載号:2015年10月16日号 エリアトップへ

宮前ガバナンス10月号 連載寄稿 河川氾濫被害、ハード・ソフト両面で対策を! 川崎市議会議員 石田やすひろ

掲載号:2015年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 近年、全国で豪雨や台風などの河川氾濫被害が多く発生しています。先日の関東・東北豪雨では、河川の氾濫で茨城県が甚大な被害を受けました。特に司令塔となるべき市役所が浸水で機能不全となってしまった事は、我々としても見逃してはなりません。

 川崎市では、これまで、治水安全度の向上を目指し全国的な整備水準である時間雨量50ミリ相当の降雨に対応するため、河川の整備を進めてきましたが、更に、このような気候変動等に伴う被害の頻発・激甚化に備えるため、豪雨災害に備えた治水対策の検討を進めています。

 地元、宮前区では平瀬川やその支川の護岸改修などの整備で、時間雨量50ミリ相当の降雨における浸水想定被害を解消、また、宮前平駅付近の道路冠水が課題となっていた矢上川でも平成26年度に改良工事が完了し、解消したところです。

 しかしながら、河川整備などのハード対策には限界があり、ソフト対策の充実が必要ですので、「洪水ハザードマップ」の見直し、拡充を図り、市民の危機意識の向上に取組む必要があります。平成27年5月の水防法の改正を受けて、洪水ハザードマップの元となる浸水想定区域が、想定し得る最大規模の降雨を前提とした区域に拡充されました。既に、国においては多摩川と鶴見川の浸水想定区域の改訂作業を進めており、併せて、市の洪水ハザードマップを改訂する予定です。近年の気候変動を捉えた、想定をはるかに超える自然災害にも耐えうる、ハード・ソフト対策の取組みを市議会では注視してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹531-2

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!今、鷺沼で起きていること!

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

防犯力の向上を求め!

宮前ガバナンス10月号  連載寄稿

防犯力の向上を求め!

〜決算審査特別委員会で質問〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

10月15日号

子どもの医療費助成を中学卒業まで

市政報告

子どもの医療費助成を中学卒業まで

日本共産党 川崎市議会議員 石川けんじ

10月1日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!コロナ対策に柔軟な変化を!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook