宮前区版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

川崎フロンターレ 人工芝化、照明を寄付 等々力第一サッカー場

スポーツ

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 株式会社川崎フロンターレ(藁科義弘代表取締役)は、等々力第1サッカー場(=写真/等々力1の1)の人工芝化と照明設置を川崎市に提案した。12月の市議会での承認を得て来年4月からの利用開始の予定。これにより、市民の利用枠の大幅な拡大が見込まれる。

 川崎Fでは、横浜市から借りている下部組織の練習場が来年度から使えなくなるため市内で代替地を探していた。「一部の時間をフロンターレにお貸しいただけることも提案させていただき、負担付寄付という形」でグラウンド整備と照明の設置を市に申し出たという。

 整備内容は大きく2点で、約9000平方メートルのグラウンドの人工芝化と14基のLED投光器(照明施設)の設置。整備費用はおよそ2億円で、川崎Fが全額負担する。天然芝から人工芝に替えることで、芝の手入れの負担が減るほか耐久性があがる。さらに照明設置によりナイターが可能になるため、利用枠の大幅な拡大が望める。

 具体的には、これまで1週間に12時間だった市民利用の枠が、団体利用も含め週に86時間になる。また、整備を進める川崎Fは、利用枠の一部を下部組織の育成に充てる。川崎Fの広報担当は「川崎市の皆様がより、サッカー、スポーツに親しんでいただける環境をご提供できれば」と話す。

 川崎市が所有する等々力第1サッカー場は、1992年に開設された。開設当初は土のグラウンドだったが、日韓ワールドカップ出場国のキャンプ地招致のため、2001年度に天然芝に整備された。芝の養生等の都合から、現在の市民利用は毎週土・日曜の午前10時から午後4時に限定されており、応募倍率は20〜40倍になっている。

 整備は12月の市議会で承認後に開始される予定。4月からの利用開始となる。市等々力緑地再編整備室では「今回の申し出は市にとっても非常にありがたいこと。市民利用が増えることに期待したい」と話す。

宮前区版のトップニュース最新6

計画策定「見える化」へ

新 市民館・図書館

計画策定「見える化」へ 文化

区民意見を反映

10月11日号

来秋から4年間利用休止

西長沢公園

来秋から4年間利用休止 スポーツ

スポーツ会場不在の危機

10月11日号

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇)

犬蔵在住木戸修さん

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇) スポーツ

県ボウリング代表の名将

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月4日号

思い出の神輿、譲渡へ

市営高山団地自治会

思い出の神輿、譲渡へ 文化

高齢化で担ぎ手不在

9月27日号

値上げ難航、経営影響も

市バス運賃

値上げ難航、経営影響も 社会

市、資金不足19億円の試算

9月27日号

市内1,700店で始動

キャッシュレス決済還元

市内1,700店で始動 社会

市、観光活用へ導入促進

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク