宮前区版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

川崎プレミアム商品券 使用率は80%強に 「早めの利用」市が呼びかけ

経済

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
今月末までの利用期限の注意を促すポスター
今月末までの利用期限の注意を促すポスター

 1冊1万円で1万2千円分の買い物ができる「川崎プレミアム商品券」の利用期限が12月31日に迫る中、川崎市は同商品券の使用率が今月中旬で80%強に達したとの見方を示した。一方、川崎市商店街連合会(猪熊俊夫会長)が同商品券の商店街利用促進のために企画した「サンクスフェア」の申し込みが今週末にも5万枚に達する見込みとなったことが分かった。

 川崎市や川崎商工会議所、川崎市商店街連合会などでつくる「川崎プレミアム商品券実行委員会」が発行した同商品券は9月1日から12月31日まで川崎市内約4700店舗で利用できる。

 川崎市によると、商品券の使用率は金融機関が取扱店舗換金した金額や円数などをもとに推計。それによると、発行総額33億円のうち、これまでの換金総額が約24億2500万円、換金率は約73・5%に達した。市は手元に残る商品券について、歳末セールやクリスマスイベントなどで使われるだろうとの見方を示しつつ、「期限が過ぎると無効となるので使い忘れがないよう注意していただきたい」と呼び掛ける。

サンクスフェア好調

 川崎市商店街連合会の加盟店で買い物をすると豪華賞品が抽選でもらえる「サンクスフェア」の応募ハガキの数は12月14日時点で4万8千枚を突破した。市商連は予想をはるかに上回る数で手ごたえを感じている。申込みの内訳は男性1に対して女性2の割合で申し込まれ、幅広い世代からの応募があるという。また、1週平均3300枚送られていることから今週末には5万枚を突破するとしている。サンクスフェアの応募締め切りは1月10日、抽選会は1月15日となっている。

宮前区版のトップニュース最新6

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

敬老の日に感謝の手紙

西有馬小4年生

敬老の日に感謝の手紙 社会

300通を地元町会へ

9月24日号

人権啓発で市表彰

東有馬石山さん

人権啓発で市表彰 社会

ハンセン病、正しい理解訴え

9月17日号

「録音」で交通安全に一役

白幡台小放送委員会

「録音」で交通安全に一役 社会

パトカーから注意喚起

9月17日号

テニススクールが開業へ

宮前平駅前跡地

テニススクールが開業へ 社会

来夏の竣工目指す

9月10日号

女子野球県選抜主将に

有馬中安立梨子さん

女子野球県選抜主将に スポーツ

全国大会へチームけん引

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook