宮前区版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

大山道研究家として大山街道などの古道を研究し、区内外で活動する 中平 龍二郎さん 小台在住 78歳

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena

古道を求め歩き続ける

 ○…江戸の庶民が大山詣の道として利用した赤坂御門から伊勢原市の大山阿夫利神社に向かう大山街道。その研究を続け約30年、全長約70Kmの道のりを1区間6Kmほどに分け、約2千回歩いてきた。「朝、昼、晩で違う顔がある。歩くたび魅力を再発見する」。大山道のガイド本を出版した他、県内や東京を中心に講演会やウォーキングイベントの講師を務める。また、16年ほど前から区歴史文化調査委員会にも所属。区の歴史ガイドマップ作成にも立ち上げから携わった。

 ○…世界地図を見るのが好きだった少年時代。特に地名を知るのが好きで、日本民俗学の祖・柳田國男の著書を読んで本人に手紙を送ると、直々に会って学べることに。「地名を知るには地形を知らないと」が柳田の口癖だったという。國學院大学を出て、地図出版社に入社。当時住んでいた武蔵野市から宮前区に越してきた際、地元農家との会話から大山街道の存在を知り、奥深い古道の魅力に惹きつけられた。「地図は道を探すためのツール。地図を持ち歩いて地形と歴史との関係を知ることが醍醐味」

 ○…世田谷区出身。戦時中は埼玉や四国などを転々とした。どの土地に行っても外に出て遊ぶ活発さを持ちながら、「山で食べられる植物はだいたいわかる」と学ぶことが好きな面もうかがえる。現在は2人の孫を持つおじいちゃん。「先日4歳の孫も大山を登ってね」と嬉しそうな笑顔を見せる。気分転換はテレビゲームという意外な一面も。

 ○…調査では現地の人の話を聞くことを大切にしている。「農家の人に話しかけると5人に1人は地元の歴史を詳しく教えてくれる。そこでできた繋がりは宝物」。現在休みは月に2、3日という多忙な日々だが、「父は95歳まで2Kmの道も歩いていた。まだまだこれから」と熱意がみなぎる。「鎌倉道が区内にも6道通っているのがわかってね」。未知の道に思いを馳せ、期待に胸を膨らませる。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

村田 仁志さん

「土橋ウォーク」の発起人として準備を進める

村田 仁志さん

土橋在住 69歳

11月6日号

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮崎在住 69歳

10月30日号

石倉 周さん

中学生野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」を立ち上げ監督を務める

石倉 周さん

鷺沼在住 28歳

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月27日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク