宮前区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

2015年の市内救急搬送 件数、人数とも過去最多 高齢者の予防対策が重要に

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市消防局は、このほど2015年中の救急の概況について公表した。救急出場件数、搬送人員ともに7年連続で増加しており、いずれも過去最多を記録。特に高齢者の搬送は各原因で増えており、今後予防を含めた取り組みも重要になってきている。

 2015年中の救急出場件数は、6万5825件。前年に比べ928件(1・4%)増加し、1日平均の出場件数は180・3件で7分59秒に1件の割合で救急出場したことになる(前年は8分06秒に1件)。

 また搬送人員は、5万7528人で、前年に比べ648人(1・1%)増加。

 救急出場件数、搬送人員ともに7年連続で前年を上回っており、15年はいずれも過去最多を記録した。

 搬送者全体の56・2%が入院を必要としない「軽症者」で、年齢別では65歳以上の高齢者が半数以上の52・4%で対前年比1・3%増となっている。18歳以上65歳未満の成人は同0・8%減、7歳以上18歳未満の少年と7歳未満の乳幼児はいずれも前年とほぼ同率なことから、増加の要因は「緊急性が低い傷病による搬送の増加」と「高齢者の増加」が指摘されている。

 現在川崎市が所有する救急車の数は14年に1台増え、市全体で27台。車両自体高額な上に乗車する救急救命士の養成も必要なため、簡単には増やせられないのが実情。このまま搬送者が増加すれば、ますます緊急性の高い重症患者の速やかな収容に影響がでるのは必至だ。

 市は昨年9月に急な病気やケガの際に「病院に行った方がいいか」「救急車を呼んだ方がいいか」の判断の一助に活用できる「川崎市救急受診ガイド」を作成。市役所等での配布のほか、市のホームページからも閲覧できるようにした。担当者は「少しでも必要のない人の搬送を減らせれば」と話す。

 また、医師の話では、高齢者の救急搬送では、肺炎等の呼吸器系疾患や、心筋梗塞、脳卒中等の心臓・脳に関する疾患が多く、これらは糖尿病、高血圧などの生活習慣病の適切な治療を怠り起こるケースも少なくないという。日ごろからかかりつけ医に診てもらうなどの予防策が今後さらに重要視される。

宮前区版のトップニュース最新6

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

中学野球クラブ始動

区内初

中学野球クラブ始動 スポーツ

石倉さん、地元仲間らと

10月23日号

第3の居場所創出へ

まちかどシェア

第3の居場所創出へ 文化

オンラインで市民活動発信

10月16日号

似顔絵 交流の契機に

民生委員

似顔絵 交流の契機に 社会

訪問代替、野川地区で

10月16日号

運動会に向け「意見箱」

稗原小

運動会に向け「意見箱」 教育

各方面からアイデア募る

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 社会

市、税収流出に歯止め

10月9日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク