宮前区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

(PR)

川崎信用金庫 公証人直伝の「遺言セミナー」 6月18日武蔵中原で

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎信用金庫の相続センターでは、年間3000件以上の相続を受け付けているが「相続人が多い」「疎遠となっている相続人に連絡が取れない」等、とても苦労するケースが少なくない。そんなとき、遺言書があれば遺言の内容が優先されるため手続きを極めてスムーズに行うことができる。 

 「遺言」は自分が築いてきた財産をどのように継承するのか、自身亡き後に大切な人達がもめないようにするために必要な「最終の意思表示」。遺言書には、自筆の「自筆証書遺言」と公証人が作成する「公正証書遺言」がある。

 被相続人自らが書こうとすることが多いが「自筆証書遺言」の場合は様式が決まっており、記載が不適切だと無効とされることがあるという。結局は相続人同士の話し合いによる手続きとなり、「争続」に発展したり、最悪の場合手続きができなくなったりということもある等、リスクが伴う。

 一方「公正証書遺言」は、専門家が関わるため記載の不備で無効になることがなく、原本は公証役場に保管されるため、紛失したり破られたりする心配がない。

 川崎信用金庫ではメリットの大きい「公正証書遺言」を勧めており、作成を検討している人のために、公証人による遺言セミナー『公正証書遺言を作るには〜大切な人のために〜』を開く。

 「公証人自らが行うセミナーは珍しく、貴重な機会。ぜひ参加を」と担当者。参加無料。下記まで事前に電話で予約のこと。
 

川崎信用金庫

川崎市中原区小田中6-22-16

TEL:0120-684-694

http://www.kawashin.co.jp/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器のプロに聞こう

64年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

5月24日(火) 宮前市民館4階会議室で

5月20日号

デジタル活用の重要性【2】

デジタル活用の重要性【2】

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月20日号

お店のCM作りませんか

お店のCM作りませんか

動画・楽曲制作、編集もOK

5月13日号

血圧の薬、一生やめられないの?

患者の悩みごと相談室「教えて!きへい先生」【1】

血圧の薬、一生やめられないの?

5月13日号

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月13日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook