宮前区版 掲載号:2016年7月8日号 エリアトップへ

川崎、横浜市内の新聞販売店で組織される、京浜新聞販売組合の組合長に就任した 掛川 保之さん 高津区在住 55歳

掲載号:2016年7月8日号

  • LINE
  • hatena

目指すは地域貢献の拠点

 ○…川崎市、横浜市の新聞販売店全270店で組織される「京浜新聞販売組合」の第56代組合長に就任した。読者と地域に支持される新聞販売を目指し、販売事業の発展だけでなく、各店が地域に根付いて社会貢献できる事業を進めている。初めて務める大役に「責任の重い立場。やるからにはしっかりやりきりたい」と決意を語る。「我々はあくまで地元でやらせてもらっている立場。フィードバックできるような事業を行っていきたい」

 ○…父親が新聞販売店を経営しており、生まれた時から身近な事業だった。学生時代は新聞奨学生として配達に励み、24歳の時に早くも店舗の所長を務めることに。「(店舗を)大きくすることだけを考えていた。若さと未来があったね」と懐かしげ。「やるだけやってみようという思いだった。商売は自分がどう行動するかで決まる」。現在は「掛川エンタープライズ」という会社で高津区溝口周辺の複数店舗を運営している。

 ○…「新聞販売は競争ではなく協調の時代になった。地元に根付く店舗として、やさしいまちづくりにも貢献していきたい」と地域貢献の役割を積極的に果たすつもりだ。特に配達中の高齢者見守り活動に力を入れ、組合員全員が研修を受けて、認知症高齢者への声かけを行うなどの方針も定めた。「各店舗が『地域貢献ステーション』になれる。地域に安心してもらえる場所として、震災時のサポートや各イベントへの参加もやっていきたい」

 ○…大切にしているモットーは「人に優しく」「出会いを大切にする」こと。「人との出会いは自分に新たな気付きを与えてくれる」と、多くの人との関わりがカンフル剤だ。趣味は他業種の友人たちとゴルフを楽しむこと。「社員にも『友だちはいつでも増やしなさい』と言っている。友だちが多い方が楽しい老後を送れると思うから」。「人が好き」という思いが地域貢献の原動力になっている。

宮前区版の人物風土記最新6

福井 俊哉さん

認知症疾患医療センターに認定されたかわさき記念病院の院長を務める

福井 俊哉さん

潮見台在勤 66歳

10月15日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月8日号

中村 幸二さん

富士見台ウルフ少年野球クラブの監督を務める

中村 幸二さん

馬絹在住 64歳

10月1日号

日野 僚さん

ボクシング、日本フェザー級タイトルマッチに挑む

日野 僚さん

有馬出身 31歳

9月24日号

渡辺 啓さん

宮前区まちづくり協議会のウォーキング部会で部会長を務める

渡辺 啓さん

鷺沼在住 70歳

9月17日号

日吉 拓哉さん

葉加瀬太郎さんのアルバムジャケット絵を制作した

日吉 拓哉さん

鷺沼在住 22歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook