宮前区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

サギヌマSC 伊東・川根両選手IH(インターハイ)へ 得意のスプリントで挑む

スポーツ

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
インターハイへの意気込みを語る伊東隼汰さん(左)と川根正大さん(右)
インターハイへの意気込みを語る伊東隼汰さん(左)と川根正大さん(右)

 サギヌマスイミングクラブ(宮前区土橋・有馬)に所属する高校生スイマー伊東隼汰さん(早稲田大学高等学院2年)と川根正大さん(法政大学第二高等学校2年)が7月23日から25日に行われた関東高校水泳競技大会で好成績を収め、8月に行われる日本高等学校選手権水泳競技大会(インターハイ)への出場を決めた。

 伊東さんと川根さんはともに自由形50m、100mに出場。伊東さんは両レースで優勝。川根さんは50m7位、100m9位で全国への切符を手に入れた。

 インターハイは高校の部活でエントリー。伊東さん、川根さんコンビは母校の誇りを胸に、サギヌマで培ったハートで挑む。

 伊東さんは「全国には速い選手がたくさんいるが、スプリントにおいては譲れないものがあるのを証明します」と力強くコメント。川根さんも「インターハイに向けてスプリントに磨きをかけ、必ずメダルを取ってきます」と決意を述べた。

 両選手を担当する小池忠昭コーチは「全国の舞台でサギヌマクオリティーを証明してもらうので楽しみにしていてください」と太鼓判を押している。

 今年のインターハイ水泳は8月17日から20日まで広島県で開かれる。

 伊東さんと川根さんはサギヌマスイミングクラブで小学生のころから10年以上一緒に泳いできた仲。

 同じ種目で競い、技術を磨き合うライバルであり、水泳から離れても気さくに付き合える「親友」と意識している。

 今年春に行われた若手スイマーの登竜門といわれる全国JOCジュニアオリンピックでは50m自由形で伊東さんが金メダル、川根さんが銀メダルとワンツーを決めている。

宮前区版のローカルニュース最新6

いざ佳香のトンネルへ

いざ佳香のトンネルへ 文化

東高根キンモクセイに人出

9月24日号

タイトル戦に闘志

有馬小・中出身 日野選手 ボクシング

タイトル戦に闘志 スポーツ

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

3カ月、全館休館に

川崎市民プラザ

3カ月、全館休館に 社会

老朽化のため大規模工事

9月24日号

「特別自治市制度」学ぶ

「特別自治市制度」学ぶ 社会

川崎市議会が研修会

9月24日号

新主将に藤井選手

B1バスケ川崎

新主将に藤井選手 スポーツ

スローガンは「MOVE」

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook