宮前区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

絵本専門士として活躍する 瀬戸口 あゆみさん 平在住 26歳

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena

絵本の楽しさ知識で支援

 ○…子どもたちの教育環境の整備や調査研究などをしている独立行政法人国立青少年教育振興機構が2014年に新設した絵本専門士に認定された。絵本専門士の目的は専門知識をもって子どもや保護者だけでなく広く一般に絵本を普及させること。具体的な活動は専門士に委ねられているという。「良質な絵本との出会いや、子どもたちを育む読み聞かせ方など専門性を活かして地域に貢献していきたい」と話す。また、数少ない絵本専門士として「第一印象は私。良いイメージをもってもらえるようにしたい」と気を引き締める。

 ○…絵本に興味を持ったのは大学時代。何気なく友人のプレゼントとして選んでいた時に魅力に気づいた。簡単に読め、絵も楽しめ、自分が届けたい思いを代弁してくれる。また子どもたちにとっては豊かな感性を育んでくれると同時に、読み聞かせてもらった温かな思い出として大人になった自分を癒してくれる存在。「絵本はまるで仲の良い幼馴染のよう」と優しい笑顔。

 ○…生まれも育ちも区内平。3人兄弟の末っ子。父は1970年代から80年代にNHKの教育番組で体操の「お兄さん」として活躍していたという。しかし、当時は父親が有名人という実感はなく、むしろ今、日本体操学会の常任理事や振付師として頑張る様子を見て「同じ社会人という立場でバリバリ働き続ける姿を尊敬し、目標としたい」。

 ○…都内を中心に「おはなしおむすび」という名で読み聞かせ会を開いている。名前の由来は「人と人を結ぶという意味を込めて」。会では子どもと一緒に楽しみ、「会に参加している時は恥ずかしそうにしていた子が家に帰って、私の真似をしていたという話を聞いたことも」とにっこり。各家庭での絵本の時間が豊かになるよう、妊娠中のママ向けイベントも構想中だという。絵本の魅力と可能性を伝える先駆者としての挑戦は始まったばかりだ。
 

宮前区版の人物風土記最新6

杉田 進さん

川崎鷺沼ロータリークラブの会長に7月1日付で就任した

杉田 進さん

菅生在住 74歳

7月5日号

矢澤 隼人さん

県の消防救助技術指導会「溺者救助部門」で1位を獲得したメンバーの一人

矢澤 隼人さん

平在住 26歳

6月28日号

高嶋 笑鈴(えりん)さん

聖マリアンナ医科大学の学園祭「聖医祭」の実行委員長を務める

高嶋 笑鈴(えりん)さん

多摩区在住 27歳

6月21日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

神木本町在住 75歳

6月14日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

田園スイミングスクール所属 26歳

6月7日号

佐藤 貴房(たかふさ)さん

みやまえスモールビジネスネットワークの代表を務める

佐藤 貴房(たかふさ)さん

馬絹在住 44歳

5月31日号

佐々木 俊一さん

高津区の劇場で、6月に初めてマジックのソロライブを行う

佐々木 俊一さん

鷺沼在住 19歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク